競馬の馬券を買う際に“サイン馬券”という買い方がある。馬の実績や血統からレースの予想を考えるのではなく、大きな出来事があった際に馬や騎手の名前に関連付けて馬券を買う方法だ。馬の人気に左右されないため、当たれば高配当になることが多いのだが、落語家の春風亭小朝と、「DREAM競馬」(関西テレビ系)でメインMCを務める柳沼淳子が、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本優勝にかけた“サイン馬券”をブログで予想した。

春風亭小朝は3月29日に「WBC馬券」というタイトルでブログを更新。注目したのは29日に中山競馬場で行われたG3「マーチステークス」だった。出走する馬の中からユウキタイティ、エスポワールシチー、ダイナミックグロウの3頭を挙げ「名前の下をつなげるとイチロウ」になることを発見。ただ、ほかの馬の名前も気になったり、レース名の「マーチステークス」から「マー君」こと田中将大投手の背番号15に注目したりと、どこか絞りきれない様子だった。

また、最後に「サムライJAPAN」にかけて名前に「武士」が入る、武士沢友治騎手にも注目。G1の「高松宮記念」はさらりと流し、今週は「マーチステークス」に賭けていたようだ。結果はエスポワールシチーが1着になったものの、ユウキタイティは6着、ダイナミックグロウは13着と馬券には絡まず。「マー君」から連想した15番の馬も12着、武士沢騎手も14着と、春風亭小朝の“サイン馬券”は外れてしまった。

一方の柳沼淳子はG1の「高松宮記念」で3通りの“サイン馬券”をブログで披露。柳沼淳子は、西日本で放送されている「DREAM競馬」(関西テレビ系)のメインMCを務めているセントフォース所属のキャスターで、これまでも競馬関連の仕事が多く、馬に詳しいことでも知られている。

するとこれが見事に的中。しかも3着に入ったソルジャーズソングは18頭中15番人気という人気薄だったことで、3連複(1着〜3着に入る3頭を当てる馬券)の358.4倍を見事に手にしたのだ。的中した柳沼淳子はすぐにブログを更新、「ソルジャーズソング Soldier=兵士」「スリープレスナイト ナイト=騎士 本当はnightだけどね(笑)」「ローレスゲレイロ ゲレイロ=戦士(ポルトガル語)」と、「サムライJAPAN」の「侍」にかけて注目した箇所を説明した。当り馬券に賭けたのは100円だったが、それでも収支はプラスになったようで「大好物の焼き鳥を食べながら美味しい焼酎で祝杯あげようかな(笑)」と喜びのコメントをつづっている。なお、春風亭小朝は高松宮記念の予想でも、3着以内に来ると見ていたトウショウカレッジが僅差で4着になってしまい、明暗が分かれる結果となった。