イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ首相が、とんでもない失言をしてしまった。一向に減少のきざしが見えないイタリアのレイプ犯罪に対して、「イタリアは美女がイッパイだからレイプは無くならない」と発言したのである。このことを伝えた西日本新聞によると、「兵士を増やしても強姦を防止するのは不可能だ」とも発言したとのこと。とんでもない発言である。

ベルルスコーニ首相の意図として、イタリアの女性に対して敬意を表して「イタリアは男たちが欲情してしまうくらい美女がいっぱい」と、ほめた可能性もある。……が、レイプで多くの女性が涙を流していることを考えると、それは褒め言葉にもならない。

このことについて日本在住のイタリア人でコンビニ店員のトゥーレさんにお話を伺ったところ、「イタリア女は確かにカワイ子ちゃんばかりだが、屈強な女も多い。ナンパしただけなのにチェッソ! って言われてブン殴られたことがある」とのこと。ちなみに「チェッソ」とは「クソ!」とか「便所はあっちだバカ!」などの意味があるという。

どちらにしても、犯罪とほめ言葉は組み合わせるものではない。ちなみにベルルスコーニ首相は「オバマは若くてハンサム。そして日焼けしている」と発言をして、ここ最近は失言が続いている。
 
 
こんな海外の情報やニュースもあります
中国版ドラクエのココがすごい! 特にパフパフが
外国人は「日本のテレビはつまらない」と思っている
サメだらけの海を冷蔵庫に乗って25日間漂流
オバマ大統領を翻訳サイトで翻訳するとスゴイことに