インテルのジョセ・モウリーニョ監督は2日、“ガゼッタ・デッロ・スポルト”紙のインタビューに応じ、09年の抱負を語った。

欧州CL決勝トーナメント1回戦ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。モウリーニョ監督は「マンチェスター・ユナイテッドの監督の座?インテルを指揮することの方が魅力的だ。彼らと対戦する2月には、我々は更に強いチームに成長している」とコメント。

一方、ブラジル代表FWアドリアーノ(26)の去就については「個人的には移籍した方が彼のためになると考えているが、彼が残留を望むのであれば、カリアリ戦(10日のセリエA第18節)で起用するつもりだ」。

最後に絶大な信頼を置いているスウェーデン代表のエースFWズラタン・イブラヒモビッチ(26)を「彼はフェノーメノ(怪物)であり、真のリーダーだ。彼は、同僚から必要とされていることを自覚している」と絶賛した。