次々と病に冒されていくマイケル・ジャクソン

(マイケルのこと、かわいそうになって来ました…)

裁判への出廷を避けたるための仮病かとも批判されてきた、ここ数年のマイケル・ジャクソン(50)の体調不良説。これについて、数々の賞に輝いた米『ニューヨーク・タイムズ』紙の著名ジャーナリストであるイアン・ハルパリン氏が、米大衆誌『イン・タッチ』にてマイケルの病がとても深刻であることを明らかにした。


ハルパリン氏は同誌に、マイケルは現在、肺と肝臓に深刻な病を抱えており、絶望的な状況にあると語った。マイケルは遺伝子疾患のひとつ、「アルファ1型アンチ・トリプシン欠乏症」という病気を発症しており、それに由来する肺の病変で、彼は今や喋ることもまれになってしまったというのだ。

体内の様々な蛋白質分解酵素が血中に洩れ出し、正常組織の蛋白質を分解してしまうことを阻害する役目を果たすのがアンチ・トリプシンであり、それを発現させるための遺伝子がそもそも欠乏しているために起きる病気だという。

病変は、肝臓は幼い時点から現われることがあり、肺は40歳前後で現れ、血中の蛋白質分解酵素により肺細胞が破壊されたために起こる症状は、生命をも脅かすというが、ハルパリン氏は20種類ほどに分類される同欠乏症のうち、マイケルの疾患は「アルファ1型」だとした上で、このように説明した。

「マイケルはここ数年この病と闘ってきましたが、肺気腫を伴っており、悪くなる一方です。肺の移植が必要ですが、彼には慢性的な消化管出血という別の症状もあり、医師らにとってはこれが最大の悩みとなっています。つまり、肺移植に耐えるだけの体力が彼にはないと思われます。」

この遺伝子疾患は白人に多いとされるものの、アメリカ国内でも5000人にひとりという珍しい病気で、マイケルは定期的な通院により薬物で症状を安定させているが、今の医療技術を以ってしても完治は困難な病気であるという。

さらに、ハルパリン氏は、マイケルの左の視力は95%失われていると、ショッキングな言葉を付け加えた。“キング・オブ・ポップ”のマイケルにはいつまでも健在であって欲しかったが、やはり誰もが予想していた通り、その体は残念ながら大変な病に蝕まれていたようである。数奇な運命を背負って生きてきたようなマイケル、辛く苦しい闘病生活であろうが、少しでも良くなるよう心から祈りたいと思う。

(編集部 Joy横手)

【関連記事】
付け鼻失敗?マイケル・ジャクソンNGだらけの買い物姿!
マイケル・ジャクソン、子供達の外出にも顔面マスクを強要
整形手術しなかったらマイケル・ジャクソンは今頃こんな顔
マイケル・ジャクソンの “あの” パンツ、1億円で買いませんか