お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカは、仕事で朝7時発の飛行機で札幌に行く予定だったが、空港に向かう途中で事故渋滞に巻き込まれて、乗り遅れてしまった、と2008年12月6日のブログで報告している。

   通常なら30分前には空港に到着するはずが、6時58分までかかった。

「SMAPならば飛行機は
待ってくれただろうが
俺はタカアンドトシ…。
そんな神業は
無理だ」

   12月4日にSMAPのメンバー5人とスタッフが乗っていた札幌発の全日空便が、いったん滑走路に向かったものの、引き返すトラブルが起こった。VIP用の搭乗口から乗り込んだSMAP一行の人数確認を全日空のスタッフが怠り、予約より2人少ないことに走り出してから気がついた。乗り遅れた人がいるかもしれないと慌てて戻ったという次第だ。ちなみに「SMAP一行」の予約は17人でされていたが、実際に搭乗すべき人数はメンバーを含めて15人。飛行機にはそのすべてが乗っており、SMAPの搭乗が遅れて離陸を待った、というのは事実と異なる。

   SMAPの件はともかく、タカの「怒り」は収まらない。札幌行きの飛行機に乗れなかったのは、「事故を起こしたやつのせいだ」。さらに、「どうせ事故を起こすやつはもともと駄目なやつだ。とろい奴のくせに高速で調子にのってとばしたがる」「実力もないくせに調子にのるクズヤロー」「典型的な馬鹿」と、言いたい放題。

   事故現場を通った時にタクシーを止めて窓から、

「事故ってんじゃねーよ! 馬鹿は車のんじゃねークズヤロー!!」

と叫んだともいい、トドメは、

「生意気に、いい車のってやがった」
「馬鹿のくせに金だけもってやがる。どうせ親が金持ちなんだろうけど」

   これだけしつこく罵倒するところをみると、怒りは相当だ。

J-CASTニュースとは?

従来のマスコミとは違うユニークな視点で、ビジネスやメディアに関するさまざまな記事を発信しています。読者投稿のコメント欄も充実!
会社内の「人間関係」をテーマにした「会社ウォッチ」も10月オープン!