「5万円パソコン」と呼ばれるネットブックがよく売れている。いまや、ノートパソコンの売上の2割を占めると言われるほどだ。

 ネットブックは、名前を見てもわかるように、インターネットの利用がコンセプトのミニノートだ。一般的なパソコンとの最大の違いは、Atomというネットブック専用のCPUを搭載していること。格安モデル用に設計された専用の心臓部を持っているわけだ。

 OSが一世代前の「Windows XP」となっているのも特徴。最新のOSである「Windows Vista」が登場して2年近く経つが、巷では乗り換えのスピードが遅々として進んでいない。いまだに使い慣れたWindows XPを愛用する個人・企業も多い。ネットブック人気には、Windows XPが新品で買える点も寄与しているのだろう。

 ネットブックはパフォーマンス的にはほめられたものではない。だが、安価で気軽に持ち歩けることが受けているのだ。課題だったバッテリー駆動時間の短さを改善したモデルも増えてきており、さらに人気が高まりそうだ。

 さて、ネットブックと似たジャンルの製品が登場しているのをご存じだろうか。同じく、ATOMを搭載した小さなデスクトップで、「ネットトップ」と呼ばれることもある。

 ネットブックで大成功したASUS社からも、「Eee BOX」というネットトップが登場した。まだ、ネットブックほどの成功を収めたとは言えないが、今後はある程度の売れ行きを期待できる可能性はあるのではないだろうか? 今回は、ネットトップ登場によるパソコンの先行きを占ってみたい。



 今やデスクトップは、パソコン全体の3割程度しか売れていない。ノートパソコンの人気に押されているのだ。一昔前まで、ノートパソコンのほうが高価だったが、最近では量産効果もあって、デスクトップの方が高くなってしまった。その結果、さらにノートパソコンの人気が加速しているのが現状だ。

 現在売れているデスクトップは、高性能なモデルとボードPCと呼ばれる液晶一体型のモデルである。高性能なモデルは要らないと考えているユーザーが多いためか、ハイパフォーマンスモデルの売れ行きは芳しくない。
 
 ただでさえデスクトップ人気が下火のなかで、ネットトップは、インターネットにつなぐためのデスクトップとして、機能を絞り込んでいる。性能は低いが価格は安く、サイズが小さい。せっかくデスクトップを買うのに、こんなに性能の低いモデルを選ぶだろうか?

続きはこちら

■関連記事
・ノートPCで東芝・NEC抜き 台湾エイサーの「ミニ」旋風
・インテルの格安CPU「Atom」はPCのあり方を変える
・ハンドル付き「Let's note」に見え隠れするパナソニックの“苦悩”
・大手PCメーカーが続々参入! 5万円ミニノート市場の「死角」
・日本製パソコンは海外の驚異的な安売りに太刀打ちできるか!?
・デスクトップからノートPCへ インテルの出荷数が物語る主役交代