セリエA第10節、敵地でのレッジーナ戦を3−2で勝利したインテル。チームに欠かせない存在のセルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ(30)が、4日の欧州CLグループリーグ第4戦のアノルソシス・ファマグスタ戦に向けて敵地キプロスに飛び立つ前のミラノ・マルペンサ空港で、報道陣の取材に応じている。

「レッジーナ戦は良い試合が披露できたのではないか。特に前半の30分は文句がなかった。何度もチャンスを演出し、2ゴールを奪う流れだったし。だが、その後に失点を許したことで、フィジカル面よりも集中力の面で苦戦を強いられることになった。最終的にはコルドバが終了間際に決めてくれたお陰で勝利をモノにしたが。とは言え、試合全体を通してみた場合、やはり我々インテルが勝利に値する内容だった」とスタンコビッチ。

 また、夜遊びにより10月29日セリエA第9節フィオレンティーナ戦の前日練習に遅刻したFWアドリアーノが、モウリーニョ監督から今回も引き続き招集されなかったことについては「その件は監督に聞いてもらいたい。彼は全力で練習に取り組んでおり、再びアドリアーノにチャンスが訪れると確信している。膝にも問題を抱えていたが、これで解決するのではないか」とコメント。モウリーニョ監督の決断に対しては「プロフェッショナルな立場として、彼が全面的に正しいだろう。これでいい」と話した。

・[名鑑]デヤン・スタンコビッチ - 評価、動画、コメントなど