HYDE(撮影:田中和子、今元秀明)

 今年7月にファーストシングル「LOVE ADDICT」を発売した、L'Arc〜en〜CielのHYDEとOblivion DustのK.A.Zからなる注目のユニット、VAMPS。8月1日のZEPP SENDAIを皮切りに前人未到のZEPP 46 Days ツアー「VAMPS LIVE 2008」をスタートした彼らが、10月30日と31日にZEPP TOKYOにてハロウィンイベント「NIGHTMARE OF HALLOWEEN」を開催した。

 NIGHTMARE OF HALLOWEEN」には、VAMPSとMONORALが両日出演し、30日はTommy heavenly6とAcid Black Cherry、31日は土屋アンナとBREAKERZがゲストで出演。会場には思い思いの仮装姿で身を包んだ約2700人のファンが集まった。

 31日は、BREAKERZのヴォーカル・DAIGOが司会進行を担当。トリを務めたVAMPSは墓場から死者が生き返ったという設定の元、HYDEが血痕のついたウエディングドレス姿で、K.A.Zが烏を肩に乗せて映画「THE CROW」の主人公の姿で登場すると、観客からは悲鳴のような歓声が上がった。

 アンコールでは、この日の出演者と前日に出演したAcid Black Cherryのyasuなどが登場し、セッションを披露。ラストはDAIGOが「スペシャルゲストです!Gacktさんーーーー!!」と述べると、サプライズゲストとして軍服姿のGacktが登場。会場中が大興奮に包まれる中、HYDEとGacktが抱きしめあう姿に、観客もさらにヒートアップした。

 「ハロウィンイベントで面白いことをしよう!」という、普段から親交のある2人の友情によって実現したサプライズ。HYDEがヴォーカル、K.A.Zがギターを、ヴォーカルになる前はドラマーだったGacktがドラマーとして、モトリー・クルーの「SHOUT AT THE DEVIL」を演奏。Gacktが公でドラムを演奏したのは今回が初で、HYDEとGacktの2ショットは2003年に公開された映画「MOON CHILD」以来となる。

 VAMPSは2009年1月7日、10万人を動員した全国ZEPPツアー「VAMPS LIVE 2008」のライブDVDを発売。来春には、待望のセカンドシングルを発売する。そしてGacktは12月3日に約1年半振り、28作めのマキシシングル「Jesus」を発売。12月14日からは43都市52公演の全国ツアー「Gackt Live Tour 2008-2009 Requiem et Reminiscence II 〜再生と邂逅〜」を開催する。

ラルクアンシエルGackt - アーティスト情報■関連記事
L'Arc〜en〜Ciel、初のクリスマスソングを再リリース(2008年10月07日)
L'Arc〜en〜Ciel、世界7大都市で32万人を動員(2008年06月09日)
L'Arc〜en〜Ciel日本凱旋、東京ドーム公演がスタート(2008年06月01日)
Gackt、遂にハリウッド進出(2008年04月23日)
Gackt「夢は見るものじゃない、叶えるもの」(2008年03月02日)