第7試合 ウェルター級/5分3R
マーカス・デイビス(米国)
Def.2R2分16秒/ギロチン
ポール・ケリー(英国)

デイビスの左ローと、ケリーの右ジャブが交錯して試合がスタート。再びローと右を同時に放つ両者、ここで一旦距離をとり、デイビスが左ストレートを放った。クラウチングから左を伸ばすデイビスと、やや後ろ重心のケリーだったが、次の瞬間、デイビスが左ミドルをヒットさせる。また、なかなか前に出られないケリーのボディに、またもデイビスの左ミドルが直撃。片足タックルからあっさりとテイクダウンを奪ったデイビスは、パスガードからマウントを狙うも、この瞬間に跳ね上げるようなブリッジを合わせたケリーが立ち上がることに成功した。

2R、様子見と手探り状態の1Rに比べると、両者の距離が詰まる。勢いのある左フックを放つケリーは、ギアを一段上げように前に出ていく。右アッパーから左フックを見せたケリーに、デイビスは細かいジャブで自分の距離を取ろうとする。前に出るケリー、ここで一気に片足タックルからテイクダウンを狙うが、デイビスはギロチンの態勢へ。

クローズドガードでしっかりと足を組み、右腕でケリーの首を絞めあげたデイビスがタップを奪った。

UFC89 全試合結果一覧へ