仁川国際空港のKTカウンター

写真拡大 (全4枚)

日本でも来年からWiMAXサービスが開始される予定だが、お隣の韓国では2006年からWiMAXのサブセット版と言えるWiBroサービスが提供されている。高速移動中でも小型のモデムやUMPC、携帯電話型端末などを利用して快適にインターネットへアクセスできるのだ。今回は旅行者でも利用できるWiMAXサービスのWiBroモデム レンタルを紹介しよう。

■ノートPCで利用できるWiBroモデムをレンタル
韓国でWiBroを提供しているのはSK TelecomとKT(Korea Telecom)の2社。このうちKTがレンタルサービスを行っている。なおKTは傘下に携帯電話のKTFを持っているが、KTFは韓国用の携帯電話のみのレンタルを行っている。WiBroのレンタルはKTFではなくKTが行っている点を覚えておこう。

WiBroモデムは実は日本でもレンタルすることが可能だ。羽田空港にはKTのカウンターやレンタル代理店があり、日本を出発する前にWiBroモデムをレンタルし、韓国到着後すぐに利用開始できる。なおレンタル申し込み時にはノートPCの設定など若干時間がかかることがあるため、空港には早めに到着しておくとよい。

一方韓国の空港でもKTのカウンターでWiBroモデムをレンタルできる。羽田空港ではWiBro単体のモデムしかレンタルできないが、仁川国際空港ではそれに加えてWiBroとHSDPAのデュアルモデムも提供されている。KTのWiBroサービスエリアは現時点ではソウル市内と仁川国際空港などのみであり、サービスエリア外の他の都市へ行く予定のある人は韓国でWiBro+HSDPAのデュアルモデムを借りたほうがいいだろう。

料金はWiBro専用モデムが5000ウォン/日、WiBro+HSDPAモデムが8000ウォン/日だ。どちらも定額利用が可能である。1日約500円〜800円で定額利用できるのであれば、ホテルのLAN接続が有料であるときなどはこちらを使ったほうが安上がりだ。

なお端末のデポジットとしてそれぞれ50,000ウォン、100,000ウォンがレンタル時に必要となる。料金支払いはクレジットカードの利用も可能で、レンタル時にレンタル期間分の料金を一括で支払いすることになる。デポジットは返却時に返金だが、クレジットカード利用時はデポジットはレンタル時には請求されず、返却時にカードの控えを破棄してくれる(海外のホテルに宿泊したときのデポジット支払いと同様である)。

モデムはUSBタイプで、対応するOSは現時点ではWindows XPとWindows Vistaのみとなっている。Macintoshへの対応を早期に望みたいところだ。

仁川国際空港のKTカウンター奥がWiBro専用モデム、手前がWiBro+HSDPAモデム

■ドライバのインストールは注意が必要
さっそく仁川国際空港のKTカウンターへ向かってみよう。到着ロビーの6番エリアあたりにKTのカウンターが位置している。カウンターの営業時間は朝7:00から夜9:00まで。すぐ左手には携帯電話のKTFのカウンターがあるので間違わないようにしよう。今回は日本では借りられないWiBro+HSDPAモデムをレンタルすることにした。なおKTではHSDPAの高速データ通信サービスにiPlugという名称をつけているためレンタルされるモデムもWiBro+iPlugモデムという名称になる。

さてモデムのドライバーはレンタル時にKTのスタッフがUSBメモリを利用してノートPCにインストールしてくれる。ところがインストール時にエラーが発生し、ドライバイのインストールができないのだ。インストール作業を横で見ていたのだが、どうやらインストールファイル(exe形式の実行ファイル)が韓国語のハングル文字になっているのが問題のようだ。インストールファイルをノートPCに一旦コピーし、適当な英語名にリネームしてダブルクリックしたところ問題なくインストールが完了した。もしもレンタルを行う際はこの点に注意しておいたほうがいいだろう。

インストール終了後はWiBroの接続アプリケーションがタスクバーに常駐し、WiBroモデムをノートPCに接続するだけで自動的にWiBroへの接続を開始してくれる。自動接続が困る場合は後からアプリケーションを開きSetting画面から設定を変えておくとよい。

■移動中でも快適、エリア外はHSDPAで接続
さっそくカウンターのそばのベンチで利用してみた。適当な速度テストのWEBページにアクセスしたところ、下り3Mbps程度、上り500Kbps程度と噂どおりの速い速度でネットワークにアクセスできるようだ。その後はソウル市内で利用してみたが、速度が落ちることもあるものの移動中や地下でも接続が切れることなくインターネットアクセスが可能であった。

ただしソウル市内でもショッピングセンターの地下の奥などではWiBroが圏外になることもあった。その際は「WiBroが圏外になったため、iPlug(HSDPA)で再接続するか?」と表示されるので、手動でHSDPA接続に切り替えることも可能である。なお接続アプリケーションからは「WiBro優先(圏外時HSDPA切替)」「WiBroのみ」「iPlug(HSDPA)のみ」の設定もできる。利用エリアに応じて設定を変えておくといいだろう。

スピードテストの例。実際はこれよりも遅い場合もあるものの、上りはHSDPA/W-CDMAよりも格段に早いWiBroのサービスエリア。実際はこれよりも広がっているようで金浦空港でも利用可能だ

なお接続アプリケーションの画面の下には時計や天気などのアイコンがある。これらをクリックすると専用のWiBroコンテンツが利用できる。ただしこれは韓国内の契約者向けのサービスであり、レンタルサービスでは利用することができないのは残念だ。将来はソウル市内のレストラン情報など、レンタル利用者向けの専用サービスなどが登場することに期待したい。

また日本など各国でWiMAXサービスが開始された後は、普段使用しているWiMAX端末をそのまま韓国に持ち込み国際ローミングサービスとして利用できるようになることも望まれる。日本でのサービス開始の前に、韓国でWiBroの高速インターネットサービスを一度体験されてみてはいかがだろうか?

■これもオススメ!海外モバイル通信コラム
海外のスマートフォンの「アクセサリ」のゲット術
iPhoneで「世界標準」のショートメール(SMS)を活用する
海外でも格安でデータ通信する方法!プリペイドデータ通信キット
海外旅行でスマートフォンを活用できる翻訳ソフト
iPhone 3Gは本当の黒船!世界のケータイ文化を日本に連れてくる
【世界のモバイル】記事バックナンバー

山根康宏
著者サイト「山根康宏WEBサイト」