中村の先制ゴールを演出した玉田。狙いどおり、ファウルを誘った<br>(photo by Kiminori SAWADA)

写真拡大

 バーレーン撃破の要因は、中村俊輔の先制点だっただろう。前半18分という時間帯にホームで、しかも警戒していた中村俊の直接FKで失点を許したのは、バーレーンにとって相当なダメージだったはずである。逆に日本は、精神的な余裕を持つことができた。

 このFKを獲得したのが、玉田圭司だった。

「相手がガチガチ来てたんで、ファウルを取ろうと思って。最初から何回か来てたからね。いいフリーキッカーがいるから、あそこでファウルをもらえばチャンスだから」

 キックオフから最前線で身体を張った。登録上は田中達也との2トップということになるが、実際は玉田の少し後方に田中が控えるような並びである。

 中盤へ下がってボールを引き出すことよりも、前線で受けることに集中した。スペースへ走りこんでパスを受けたり、得意のドリブルで仕掛けていける場面には恵まれなかった。ヨンセンというポストワーカーがいる所属クラブとは、対照的な役割だ。

 前線からのチェイシングにも奔走した。ロングボール主体のバーレーンの攻撃の芽を摘むためには、ディフェンス面での玉田の頑張りが不可欠だった。

「点ねえ……何回かあったんだけど、来なかったね。チームが勝ったことはすごくうれしいけど、やっぱり、ちょっと、ボールが来てくれればなあと」

 ストライカーとしては我慢のゲームだっただろう。それでも、自らの役割は果たした。

「まあ、でも、最初の1点目(につながるFK)はとったから」

 そう言って彼は、右手で首をさすった。相手の執拗なチャージで痛めたという。それでも、表情には充実感が漂っていた。


<関連リンク>
【戸塚啓コラム】中盤と前線をつなぐ長谷部誠の価値
【戸塚啓コラム】ジーコ時代が頭をよぎる「一体感」という言葉
【戸塚啓コラム】3点目のゴールに大きな意味
【戸塚啓コラム】大久保よ、"尖ったメンタリティ"まで失うな
【戸塚啓コラム】中村のゴールを呼び込んだ背番号「9」