「ええっ、痛風にかかった?!」

 氷河秀子さん(30歳)からの電話に、中田堅二課長(38歳)は思わず耳を疑った。今朝、「病院に行くので会社を休む」という連絡を受け、心配していた中田課長。持病の腰痛が悪化したのか、と思っていたのだが――。

「そうなんですよ〜、夜中に足の親指の付け根がものすごく痛くなって。もう靴も履けないくらい」

「痛風って、オジサンがかかる病気じゃないのか?氷河さんみたいな若い女性でもなるの?」

「うーん、夏にビールを飲みすぎたんでしょうかね。最近は女性にも多いって先生が言ってましたけど。というわけで明日は出社しますけど、夕方からの飲み会は欠席します」

「無理しなくていいから休んだら。君の分は仕事もビールもオレが引き受けるから」

 電話を切った中田課長は少々複雑な気分になった。日頃接待の多い男性営業マンの間で恐れられていた痛風。ついこの前も上司がかかったばかりで、「次は自分の番か?」とおびえていた。まさか女性の部下に先を越されるとは……。

 注意した方がいい。男性も女性も、これまでには思いもよらない疾患に見舞われる危険にさらされているようだ。

 たとえば冒頭の「痛風」。原因は遺伝や肥満、飲酒、プリン体の多い食品の食べすぎ、脱水などだが、患者の99%は男性とされてきた。

 痛風を引き起こす「尿酸」の血液中濃度は、男性のほうが圧倒的に高い。女性の場合、女性ホルモンによって腎臓からの尿酸の排泄が促されるため、閉経前の女性がかかるリスクはきわめて低かったのだ。

続きはこちら

■関連記事
・“職場のいじめ”構造を分析!「悪玉トリオ」を作る女、「ボスザル」になる男
・「男ニキビに悩む女」と「37歳が怖い男たち」
・徹底検証! 上司を困らせる「職場で泣く女」と「逆ギレ男」
・負けるのが怖い――若手男性に増殖する「女性がうらやましい症候群」
・雇用環境も福祉も欧米以下!日本は「世界で一番冷たい」格差社会
・いるだけで「イラつく職場」「空しくなる職場」