「トランスフォーマー2」ではエロいらしいPhoto:AFLO
ヤセすぎた女優も、ある監督にとっては問題となるらしい。米FOX Newsによると、セクシー女優ミーガン・フォックスは、マイケル・ベイ監督の指示で「トランスフォーマー2/リベンジ・オブ・ザ・フォーレン」のミカエラ役を再演するため、3週間で10ポンド(4.5キログラム)太ったという。

フォックスは、「私はヤセすぎで魅力的に映らなかったみたい。そこでサイズを少し大きくするように言われたの。なぜって、マイケル(・ベイ)はヤセた女が嫌いだからよ」と、太らなければならなかった理由を説明。

また、ベイ監督からの演出上の注意点はたった1つ、「(悩殺するように)エロく!」だったと明かしたフォックスは、このほど英タブロイド紙デイリー・スターにこんなリップサービスも。「全編脱ぎっぱなしの全裸映画をやりたいの。キレイな映画になるはずよ。今じゃ誰も作らないけど、1930年代にはそんな芸術映画が作られていたのよ。なぜ作らないのかしら?」

「トランスフォーマー2」の肝心のラブシーンについては、「大きなラブシーンはないわね。シャイ(シャイア・ラブーフの愛称)と私の関係は、2年間デートしてきて、今では熟年カップルのように口ゲンカもする段階なの」とコメントしたフォックス。となると、ベイ監督がどのように彼女のセクシーな魅力を映し出すのか、期待が膨らむ。

なお、フォックスは映画「ジェニファーズ・ボディ」(カリン・クサマ監督)の撮影のため、すでに太った分の体重は落としている。