Youtubeやニコニコ動画などの動画共有サイトの台頭により、パソコンで動画を視聴するユーザーが急速に増えている。動画サイトは企業にとっての有力な情報発信源となるばかりでなく、有力な広告媒体としても注目されている。

株式会社エビリーは、今月14日、動画サイトをすぐに作成でき、管理・運用がとても簡単な動画配信プラットフォーム「millvi」(ミルビィ)をリリースした。

「ミルビィ」は、インターネット上で動画配信したい人に対して、コンテンツ管理、配信システム、デザイン変更、動画視聴分析、更には動画内への広告挿入まで必要な全ての機能をASP(=アプリケーションサービスプロバイダ)で提供するサービスだ。

これまでの動画ASPサービスは、ネットワークやストレージなどのインフラ提供が中心で、アプリケーション部分は、個別に要件を聞いて、利用者毎にシステム開発するケースが多かった。このような個別開発は費用が高価になるが、「ミルビィ」は、コンテンツ管理、配信システム、動画プレイヤーテンプレート、動画視聴分析など動画サイトの作成、管理・運用に必要な機能を全てASPで提供するため、利用者は安価ですぐにサイトを作成でき、管理・運営が簡単に行える。

また、動画コンテンツ自体が商品であり、動画配信を行うことで収益を上げる必要のあるメディア系の利用者に対して、「ミルビィ」は動画内に様々な広告を挿入できる機能提供しており、利用者の売上アップの支援を行う。

さらに、一定期間の視聴回数や動画トップ10ランキングなどのサマリー情報から動画毎の視聴推移などの詳細情報まで、様々なレポーティング機能を装備。的確な情報発信ならびに広告配置が行える。

動画配信プラットフォーム「ミルビィ」の詳細は下記URLへ。

参照:http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=27030(編集部 鈴木亮介)