元イングランド代表MFのポール・インス氏(40歳)が、ブラックバーン・ローヴァーズの監督に就任することになったと、22日にプレミアリーグのクラブが発表した。契約は3年間。
 ブラックバーンは昨季指揮を執ったマーク・ヒューズ前監督が、マンチェスター・シティの監督に転身、後任を探していた。プレミアリーグでは初の黒人監督となる。
 インス新監督は現役時代に、マンチェスター・ユナイテッドやリヴァプール、インテルなどでプレー。今年は就任1年目でミルトン・キーンズ・ドンズをリーグ2(4部相当)優勝に導いた。
 プレミアリーグは先週、ブラックバーンに対して、UEFAのプロライセンスを持たないインス新監督への接触を認めていた。同監督は2年以内に資格を獲得しなければならない。
 これでプレミアリーグのクラブで監督を務めるマンチェスター・ユナイテッドの選手出身者は、ヒューズ、サンダーランドのロイ・キーン、ウィガンのスティーヴ・ブルースに次いで4人目。