2008年4月25日、トカゲ座の方向にある「EV Lacertae」という星から巨大な炎(フレア)が吹き上がりましたが、その威力はなんと太陽の何千倍も強力だったとのこと。太陽よりも明るいフレアが地球上で観測されたのはこれが初だそうで。

そんな「EV Lacertae」の予想図が上記画像です。800×600、1024×768、1600×1200、2000×1355の4種類のサイズがダウンロード可能です。壁紙にぴったり。

ダウンロードは以下から。
NASA - Pipsqueak Star Unleashes Monster Flare

そもそも太陽のフレアのエネルギーは原子爆弾の何百万倍もの威力があり、今回の「EV Lacertae」はさらに何千倍もの威力だったということなので、超ド級の爆発であったことがわかります。この星の大きさは太陽よりも小さく、明るさも太陽よりはずっと薄暗く、非常に若い星となっているものの、回転速度ははるかに高速。そのため、星の内部も高速回転しており、太陽の磁界よりもはるかに強力な磁界を発生させており、これがガスを刺激、非常に強力なフレアの原因となっているようです。

・関連記事
宇宙から見たとても美しいオーロラいろいろ - GIGAZINE

NASAの超美麗な壁紙いろいろ - GIGAZINE

厳選されたファンタスティックでかなり美麗な壁紙30枚 - GIGAZINE

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙の画像いろいろ - GIGAZINE

紫外線画像で見る太陽の真の姿 - GIGAZINE

記事全文へ