朝、ちゃんと起きることは普通みんな苦手である。だから人によって色々目覚めるための手段は色々ある。
目覚まし時計、携帯電話のアラーム機能、テレビのタイマー機能を使う人もいるであろう。

私の場合は、今、気管支炎で何げに体温が大台を突破して死にそうな関係で、
寝てもすぐ目が覚めてしまうのだが、基本は携帯電話の着ウタを使っている。
元々、かなり性格が神経質なため、夜、アナログ時計の秒針の動く音でも気になって寝れないからNG。
かと言ってデジタル時計もアラーム音が妙にイラっとするのであまり好きではないから結果的に携帯電話なのである。

寝起きの話と言えば、なかなか寝れない日、次の日に大事な打ち合わせがあってある程度寝ないと危ない時は強引に睡眠薬を飲んで寝るのだが、
実際飲んでる人には分かることなのだが睡眠薬での睡眠後の寝起きは非常に悪い。しばらく自分でも何を考えているのかわからない時間があるのである。

話を戻すが、ちょっとヘンな目覚まし時計を紹介したい。

東洋トレーディング株式会社が「お色気」という男性の弱点を巧みに利用したセクシー系目覚まし時計を発売する。
アラームと同時に、セクシーなダンサーがポールの周りをクルクル回るという「ポールダンサー・アラームクロック」。
・・・。
実際資料写真を見て欲しいのだが、フィギアの顔が妙に男っぽいのである(笑)。これは狙いなのか?はたまたミスなのか・・・?

この東洋トレーディング株式会社は、なんとも発想がユニークな目覚まし時計をラインナップしている会社で、
この「ポールダンサー・アラームクロック」は5弾目。
「ポールダンサー・アラームクロック」は、いわゆる普通のセクシーなもの見る目線では無くて、
タモリ倶楽部を見ているような感覚で見て頂けると良いだろう。

本製品の、実際の目覚まし時計としての重要は計り知れないが、
社員に「こういうのを作って良いですか?」と言われ「良いよ!」と言う社長の太っ腹さは、
是非とも見習いたいものである。

参照:http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=24705

(編集部 中島ゴム)