前チェルシー監督のジョセ・モウリーニョ氏が、母国ポルトガル紙“A Bola”のインタビューに応じた。

 監督復帰への意欲をモウリーニョ氏は「世界で最もレベルの高いイタリアリーグまたはスペインリーグで監督に復帰したい。イングランドでの経験は、私の大きな財産となった。私は、後戻りする気はない。ビッグクラブへの就任しか考えていない。そうでなければ、休職する。マルチェロ・リッピのようにね。彼はイタリア代表をW杯王者へ導いたが、今は休職中だ。彼もビッグクラブからのオファーに照準を定めているんだ。そういう訳で、私はこれまで6、8、9いや10のオファーを断り続けてきた。私は決して、後戻りはしない」と力強く語った。