今年の3歳クラシック戦線に異常が発生している。それは武豊の迷走に他ならない。

 全ての始まりは3歳クラシック第一弾の桜花賞。混戦を制したレジネッタは、思い返せば2歳女王を決める阪神JFでは武豊が騎乗していた(6着)。「これはたまたま武豊のアテが外れただけだな」と軽く考えていた。だが翌週の皐月賞も、デビューから3戦武豊が騎乗していたキャプテントゥーレが、鮮やかな逃げ切りを決めた。

 負の連鎖はダービー戦線へと続いていく。皐月賞で騎乗したブラックシェルにNHKマイルC→ダービーと騎乗すれば平穏だったが、そこは迷走中の武豊。なんとNHKマイルCの騎乗を断ってしまったのだ。結果はご存知の通りブラックシェルが2着で賞金加算に成功。ダービーも後藤騎手騎乗で出走するだろう。しかも勝ったディープスカイにもデビュー2、3戦目に騎乗しており、3着ダノンゴーゴーも前2走は武豊が騎乗していた馬。NHKマイルC出走馬中、騎乗経験がある馬が自身が騎乗したファリダット以外に4頭いて、そのうちサトノプログレスは1度代打騎乗しただけ。すなわち、自分が乗れる可能性がありながら「捨てた」馬3頭が上位を独占してしまうという『恥ずかしい』状況になってしまったのだ。

 あげくの果てにはダービートライアルの青葉賞。マゼランで出走したが12着に敗退(しかも骨折判明)し、勝ったアドマイヤコマンドはともかく、2着クリスタルウイング、3着モンテクリスエスは、いずれも前走、武豊で500万下を勝ち上がっているのだ。そして京都新聞杯を岩田騎手騎乗で勝ったメイショウクオリアも、前走、武豊で500万下を勝ち上がっていた。ここまで多くの有力馬に騎乗経験のある武豊は「さすが」、なんて言っている場合ではない。

 今年も全国リーディング1位を快走する武豊だが、3歳クラシックに関しては大苦戦中。オークスではデビュー戦から1度も手綱を放していないポルトフィーノに騎乗予定も、このままの流れでは難しそうな情勢だ。その上ここまで15年連続で出走し、日本競馬史上最多の4勝を挙げている日本ダービーすら、このままでは騎乗馬がいないことになってしまう。果たして、騎手人生でこれ以上ないのではないかというほどの『恥ずかしい』状況を自らの手腕で打破できるのか、これからの武豊に注目したい。
【Sports Watch】◇関連リンク
【Sports Watch】イケメンジョッキーのトホホな週末 - (2008.04.08)
【Sports Watch】JRAに潰されたフサイチリシャール - (2008.03.31)
【Sports Watch】横綱・朝青龍、競馬デビューへ! - (2008.03.25)
【Sports Watch】内田博幸は中央で通用しない?? - (2008.03.18)