JASRAC(日本音楽著作権協会)が本日、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会より立ち入り検査を受けているそうです。

詳細は以下から。
公取委、JASRACに立ち入り//Web東奥・ニュース/20080423

この記事によると、公正取引委員会が本日、独占禁止法違反の疑いでJASRAC(日本音楽著作権協会)を立ち入り検査したそうです。

ジャスラックに立ち入り検査 - NHKニュース

また、NHKが報じたところによると、今回問題とされたのはJASRACが各放送局の放送事業収入に対して一定の割合で著作権料を課している包括契約についてのもので、これが平成13年に行われた著作権管理事業法の改正によって可能となった、音楽著作権の管理を行う新規事業者の参入を妨げているとして、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会が午前中から立ち入り検査に入ったとのこと。

ちなみに新規事業者には先日YouTubeと音楽著作権契約を締結したJRC(ジャパン・ライツ・クリアランス)などがあります。

そしてこの検査に対してJASRACは「真摯に受け止め全面的に協力、結果が出次第、迅速に対応したい」としています。

なお、すでに以下のリンクにあるように、音楽家の坂本龍一氏や平沢進氏などがJASRACによる音楽著作権の独占的な管理に対して異論を唱えています。

音楽著作権の独占管理改めよ 坂本龍一

ITmedia +D LifeStyle:「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言 (1/4)

Musicman'sリレー

・12:50追記
TBSがこの件を動画付きで報じています。
「公取委、ジャスラックに立ち入り検査」 News i - TBSの動画ニュースサイト

・関連記事
著作権侵害ファイルをダウンロードしていないのに金を払えと言われた - GIGAZINE

フェアユースの方がコピーライトよりも経済的効果は大きい - GIGAZINE

文化庁、映像や音楽などの私的複製に対して回数に応じた課金を導入へ - GIGAZINE

音楽業界が「iPod税」の導入を要望 - GIGAZINE

JASRAC、動画共有サイトにおける楽曲利用の許諾条件を発表 - GIGAZINE 記事全文へ