スギ花粉症の根治療法 “舌下減感作療法”とは?

写真拡大

この1〜2年、スギ花粉症の治療に改善を期待できるという新しい治療法が普及しつつあるそうだ。それは「SLIT(サブリンガル・イムノセラピー)」と呼ばれるいわゆる「舌下減感作療法」だ。

「(SLIT)舌下減感作療法」とは、抗原となるエキスを注射する「減感作療法」を、注射を行わず舌下から吸収させる方法で行う免疫療法。「減感作療法」自体については抗原となっているスギ花粉エキスを何度も体内に注射し、花粉に対する免疫を作っていく方法で、これまでも行われてきたが、

1.長期にわたって頻繁に注射を受けに病院に通わなくてはならない
2.アナフィラキシーなどのショック症状を引き起こす可能性がある
3.スギ花粉以外のエキスが標準化されていないために複数のアレルギーを持つ人には効果が得られにくい

などの要因から、あまり普及はしてはいなかったようだ。
ところが、これが3〜4週間に一回の通院だけで、あとは自宅で簡単に続けられて、ショック症状を引き起こすこともない、となったらスギ花粉症の人なら誰でも一度は試してみたくなるのではないだろうか?

現在「世界保健機関(WHO)」も花粉症治療のひとつとしてこの「(SLIT)舌下減感作療法」を推奨している。具体的には舌下に含んだパンの小片にエキスを垂らして2分程度待って飲み込むだけという非常に楽な治療法だ。舌下から吸収するのはリンパ節に近く、そのリンパ節にはアレルギー反応に関係のある免疫機能があるために鼻やのどなどの免疫細胞に集中的に働きかけて効果が高いとされているとのこと。

ただし、今のところスギ花粉(ヒノキにも効果があるとも言われている)に限定されていることと、2年程度は続けなくてはならないこと、また一部の病院でしか取り扱いが無く、保険適用外なので自費診療とのことで費用がけっこうかかる。

この治療法はこれからの花粉症の治療法のひとつとして普及し、いずれは保険で治療がうけられるようになる日が来るかもしれないが、花粉は今日にでも飛んでくる。目下、私たちが今すぐに花粉に対抗できる方法としては、花粉対策グッズなどをフル活用して対処するしかなさそうだ。

チバビジョン株式会社から発売されている「デイリーズアクア」はたんぱく質などの汚れを寄せ付けない「非イオン性」の1日使い捨てタイプのコンタクトレンズで、しかもレンズの素材自体がたっぷりの潤いをもたらすという高含水レンズだ。このレンズは通常の「イオン性」のコンタクトレンズと違い、涙の中に帯電しているたんぱく質などの汚れを引き付けにくく、その付着量は「イオン性」に比べて1/300*とのこと。たんぱく質などのアレルゲンがつきにくいので、花粉症のコンタクトレンズユーザーにとってはぜひ使ってみたいレンズだ。現在「イオン性」のコンタクトレンズを使用している方は眼科医に相談しながらこの「非イオン性」の1日使い捨てタイプを使ってみるのもひとつの手。快適なコンタクトレンズライフで春を楽しく迎えたい。【PR記事】提供:チバビジョン(株)

*たんぱく質の付着量を比較 佐野研二「あたらしい眼科17(7)2000 日コレ誌学会誌42:68−73、2000

販売名:フォーカス デイリーズ 承認番号:21000BZY00068000

・コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の検査・処方を受けてからお求めください。
・コンタクトレンズをご使用の前には、必ず添付文書をよく読んで、使用方法を守ってください。
・目からはずしたレンズは再使用しないでください。

■製品に関するお問合せ先
チバビジョンダイヤル(24時間365日対応)
0120−389103(ミワクノヒトミ)

デイリーズ アクア-チバビジョン
花粉症対策特集2008