Windows Live SkyDrive

写真拡大 (全3枚)

『マイクロソフト』はオンラインのストレージサービス『Windows Live SkyDrive』を2月22日に開始した。

『Windows Live SkyDrive』は、ネットワーク上にファイルをアップロードしておけるサービスだ。似たようなサービスには『JUSTSYSTEM』の『マイ インターネットディスク』や『Xdrive』などがあるが、それらに追随するかのように38カ国語に対応した『Windows Live SkyDrive』は容量も5Gバイトと大容量だ。

アップロードツール

ドラッグアンドドロップでアップロード自宅と会社で共有したいデータなどは一時的にアップロードしておくなどして活用できるのだが、5Gバイトもの容量に対応しているともなれば多くのファイルをアップロードすることもあるはず。そうなれば手間がかかって大変だ。
そこで『Windows Live SkyDrive』にはアップロードツールが用意されている。これを導入することにより“ドラッグアンドドロップ”するだけで楽に多くのファイルをアップロードできるのだ。
アップロードツールは『ActiveX』を導入することにより動作する。
こちらのアップロードツールは『Internet Explorer』でないと導入できないためそちらで導入していただきたい。
導入後は『Internet Explorer』互換ブラウザ(Sleipnir)でも正常に動作したが、なぜか『FireFox』ではログインができなかった……。

“個人フォルダ”は他人からは除くことができないため、他人と共有したい場合は“共有フォルダ”や“公開フォルダ”などを使うと良いだろう。
ただしそこには“機密文書”は絶対に入れないように!
使い方次第ではかなり便利なオンラインのストレージサービスだが、『Windows Live SkyDrive』は、もしかして決定版になりそう?

参照:Windows Live SkyDrive

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
『初音ミコ』ってなに? 今度は実写で萌え萌え
中国版『mixi』が公開!! あれ?
こんな告られかたはドン引き! 侍語で告白でござる

■関連リンク
トレビアン詳細記事
バックナンバー一覧
トレビアンニュースについて