左から、谷川プロデューサー、ボビーオロゴン、セインカミュ、アドゴニーロロ

「今回もこいつ(さんま)のせいで、こんなことになったが、頑張ります」
2004年10月26日16:00より、ホテルニューオータニ「AZALEA」にて、大晦日、大阪ドームで行われる『FieLDS K-1 PREMIUM2004 Dynamite!!』への参戦が決まった人気タレント・ボビーオロゴン(31歳:ナイジェリア出身)の記者会見が行われ、会場は爆笑の渦に包まれた。

会見には、ボビーオロゴンの他、谷川貞治(株式会社FEG代表取締役)、セインカミュ(さんまのスーパーからくりTV)、アドゴニーロロ(さんまのスーパーからくりTV)が同席した。
ボビーオロゴンは、「さんまのスーパーからくりTV」でもお馴染みのタレントで、同番組の人気コーナー・ファニエスト外語学院で一躍有名になった。

そんなボビーが、同番組内で、柔道に挑戦した際、思わぬ怪力ぶりに、関係者も唖然。その後は、その怪力を生かし、総合格闘技に挑戦をさせる運びとなった。
総合格闘技では、2004年春に格闘界の超大物・ホイスグレイシーと対戦。ホイスからも、お墨付きをもらい、今回、晴れてK-1 Dynamite!!という大舞台に参戦が決まった。

本日の記者会見では、谷川貞治氏が「ただ、面白いだけではなく、ファイターとしての身体能力の高さや、パワー以上に、前に前に出ていく折れない心を高く評価した。」として、同大会のオープニングマッチを任せる考えもあると語った。
また、指南役のセインカミュからは「自信はあります。楽しみしていて下さい。」と力強いコメント。
しかし、当の本人は相変わらずの天然キャラで、「意気込みは?」の質問に、「なんに関して?」と、全く話しを聞かず、隣のセインカミュからも叱りを受ける。
他にも、「体調は?」の質問に「少々下痢気味です。最近アイスを食べすぎです。」と話し、更には、同席したタレントのアドゴニーも「ボビーのセカンドとして、ボビーを守りたい!」と話すや、セインから「二塁守ってどうすんだよ!」と鋭いツッコミを受けた。

その後も、ボビーの勢いは止まらず、「K-1は見たことありますか?」と聞かれると、「競輪は・・・」、「今後のスケジュールは?」と聞かれると「家のお掃除をしなきゃ」と返答するおとぼけを披露。
負けじと、アドゴニーも「ボビーのセコンドで何をしますか?」の問いに、「試合は緊張するから、10分前におしっこに行かせてあげたい。」と語り、最後には、「いいタイミングでタオルを投げたい!」と、試合前からTKOを予告。会見は大爆笑となった。試合に関しては、現段階では、総合ルール(5分3R)を予定し、対戦相手は名のある選手を、これから選考するとのこと。