「最高の1年となった。2007年の最終節 “ミラノ・ダービー”ACミラン戦(23日=セリエA第17節)を勝利で締めくくることができて幸せだ」とインテルのMFエステバン・カンビアッソが2007年を振り返った。“ミラノ・ダービー”で決勝点を挙げたカンビアッソは続けて「自分の成長にもつながるので、インテルという団結したチームの一員であることに満足している。選手生活の中で最高の時だと感じている」と終始笑顔で語った。