NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、そしてウィルコムの4陣営が2つの枠を巡って激しい争いを繰り広げてきた次世代高速通信用の2.5GHz帯ですが、産経新聞社の報道によると、本日総務省から正式にKDDIとウィルコムにその2つの枠が与えられたそうです。

これにより月額4000円程度で20Mbpsを超える高速無線通信サービスが実現するとのこと。

詳細は以下から。
次世代高速無線 KDDIとウィルコムに免許 (1/3ページ) - MSN産経ニュース

この記事によると総務省は本日、次世代高速通信用の2.5GHz帯の電波をKDDIやIntelなどが出資するワイヤレスブロードバンド企画と、PHS会社のウィルコムに与えることを決定したそうです。両社は2009年2〜4月から試験サービスを開始し、夏以降に月額4000円程度で商用サービスを開始。2012年度末には人口カバー率が90%に達するとのこと。

なお、KDDIが内定した理由として以前お伝えしたように、Intelが提唱する最大伝送速度21Mbpsの通信規格「モバイルWiMAX」方式の技術開発に早期から取り組み、Intelを中心とする国際業界団体「WiMAXフォーラム」を運営する15人の幹事の出身企業に、日本の携帯電話会社で唯一名を連ねていることが評価されたことなどが挙げられています。

そしてウィルコムは既存のPHS通信網を次世代規格にも活用でき、すでに20Mbps以上の伝送速度を実現している「次世代PHS」方式を採用しており、事業計画の実現性が高いことから内定したそうです。また、PHSは中国やタイなどでも普及しており、国産技術を発展させたい総務省の思惑と一致したとしています。

ちなみに今回枠を得られなかったNTTドコモとソフトバンクモバイル陣営はWiMAX方式で免許を申請していたため、KDDI陣営から回線を借りてサービスを開始するという選択肢もあるようです。

・関連記事
ヨドバシカメラ、公衆無線LANサービスを業界最安値の月額380円で開始 - GIGAZINE

KDDI、ついにパソコン向けデータ通信定額プラン「WINシングル定額」を発表 - GIGAZINE

イー・モバイル、定額通信サービスを料金据え置きで7.2Mbpsに高速化 - GIGAZINE

最大受信速度3.6Mbps、NTTドコモがPC向けパケット定額プランを発表 - GIGAZINE

富士通、ドコモの「Super 3G」向け無線基地局で下り900Mbpsを実現 - GIGAZINE 記事全文へ