今年最も“変身を遂げた人”にビーチバレーの人気選手、浅尾美和が選ばれた

写真拡大

 “ビーチバレーの妖精”こと浅尾美和(21=ケイブロス)が、今年最も“トランスフォーム”(変身)を遂げた人として「トランスフォーマー・オブ・ザ・イヤー2007」の賞を受けることが決定した。その「トランスフォーマー・オブ・ザ・イヤー2007」は、マイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮による、全世界で大ヒットを記録した映画「トランスフォーマー」のDVD発売を記念して設立された賞。2007年を振り返り、今年トランスフォームした人(大ブレイクした人、流行を発信した人、華麗な転身を遂げた人、日本に明るい話題を振りまいてくれた人など)を現在、幅広いジャンルから選出。今回、受賞者の1人としてビーチバレーの人気選手、浅尾を選んだ。

 選考委員であるDVD発売元のパラマウントジャパンは、浅尾の選考理由に「国内外で計23戦のツアーをこなし、ビーチバレー日本ランキング初の1位に輝いたこと。写真集、DVD、2008年カレンダー発売などにも初めて挑戦したこと。これまでビーチバレーに関心のなかった人も浅尾選手を通して注目が集まるようになったこと。2008年北京オリンピックの日本代表選手として、来年も鮮やかに“トランスフォーム”していただきたい」としている。

【受賞した浅尾の喜びコメント】
このような賞をいただくのは初めてなので、とても光栄に思います!日本ランキング1位を獲得したことなどが選考理由と聞いて、本当にうれしいです。これも、ビーチまで応援に来てくれたファンの皆さんのおかげです!今年は、写真集やDVD、カレンダー発売など、いろいろなことにチャレンジでき、とても刺激的な1年でした。来シーズンも、いろんなことに挑戦し、もっと強い美和にトランスフォーム=変身できるよう、これからもがんばります!

 この「トランスフォーマー・オブ・ザ・イヤー2007」の授賞式は12月17日(月)、都内にて開催予定。なお主催者側は、フォーマルな衣装にトランスフォーム=変身して登場して欲しいと要請。フォーマルな雰囲気と聞けば、いつもは裸足で駆け巡る“ビーチバレーの妖精”浅尾が、以前の大会パーティ会場で見せたように、またヒール靴を履いて会場入りするだろう。
◇関連リンク
浅尾美和“厳選写真ギャラリー” - 海外ツアー最終戦など、貴重なフォト満載!
「トランスフォーマー」スペシャルサイト
「トランスフォーマー」キャンペーンサイト