ヤフオクで定価の2〜3倍の値段で取引されている「DTM MAGAZINE」11月号。『初音ミク』の体験版ソフトがついてます。転売目的で買う下品な行為は止めていただきたいものです。

写真拡大

最近、伊達杏子(DK-96)から始まった「バーチャルアイドル」というコンセプトに注目が集まっています。今回は『アイドルマスター』の登場で関心が高まり、『初音ミク』で話題となったバーチャルアイドルの魅力を、過去の有名キャラクターの履歴から探っていきたいと思います。

■伊達杏子(DK-96)(DK-97)(DK-2001)
デビュー:1996年(DK-96)
設定年齢:17歳(DK-96)

CGで作られた世界初のバーチャルアイドルとして、ホリプロからデビューしたのが伊達杏子(DK-96)でした。名前の"DK"は"Digital Kids"の略称です("伊達杏子"のイニシャルではありません)。モデリングを担当したのは、CGアーティストのKonKon氏。ショートカット&タンクトップというルックスは、当時の技術では長い髪やロングスカートなどの表現が困難だったことが影響しています。声の主はオーディションで起用されました(詳細は不明)。

伊達杏子(DK-96)は海外進出も考えられていたので、英語が話せるという設定を持っていました。そのため、出身地も米軍横田基地のある東京都福生市となってます。話し方は「伊達杏子トークマニュアル・ルール」なる文書で、基本形が示されました。これには「チョベリバ(超ベリーバッド)」禁止や、困った時の決め台詞は「どうせ私はCGだから」という決まりごとが書かれていました。マニュアル制作には「SEVENTEEN」や「Cawaii」の投稿欄などが参考資料になっていたようです。

伊達杏子(DK-96)はラジオのパーソナリティのほか、『LOVE COMMUNICATION』という曲でCDデビューも果たします。その後、1997年に声が変わり、伊達杏子(DK-97)と微妙に改名。1999年には「DiKi」の名で韓国デビューもしますが、全体的には迷走を続けてなんとなくフェードアウトしていったという印象しかありません。

ちなみに彼女のプロデュースを担当していた堀義貴氏は、現在ホリプロの代表取締役社長を務めています(ホリプロの創設者・堀威夫氏の次男)。堀氏はホリプロで働く前はニッポン放送でラジオの仕事をしていました。ニッポン放送時代にはラジオドラマ『沈黙の艦隊(漫画原作)』の制作も手掛けています。同ドラマ完成直後にイラクで湾岸戦争が勃発しても、それに臆することなく放送を敢行し、ダントツの聴取率No.1を獲得。放送後に脅迫状や脅迫電話をもらいまくったという武勇伝も残しています。このようにチャレンジ精神旺盛な人物のプロデュースだったからこそ、伊達杏子(DK-96)は、曲がりなりにも芸能界デビューすることができたのでしょう

やがて伊達杏子は、2001年に大幅なキャラクターデザインの変更を経て、伊達杏子(DK-2001)として再出発します。この時、広末涼子風だったDK-96のデザインは見る影もなくなり、DK-2001はミニモニ風のルックスとなりました。このキャラ変更に対し、伊達杏子になんとなく好印象を持っていた一部の人達も「これはない」と拒否反応を起こしてしまいます。

そして伊達杏子(DK-2001)は目立った活躍のないまま、人々の記憶から消え去っていきました。これで伊達杏子も完全終了かと思いきや、2007年にまさかの復活(!)。しかも舞台はあのセカンドライフ。……まるで自らイバラの道を進むのが宿命なのかと思わせる超展開です。しかもデザインはDK-2001と同じ……。もう何がなんだか。「元祖バーチャルアイドル」を名乗るにふさわしい「伊達杏子」という存在を、このまま限られた世界の中で終わらせてしまうのはあまりにも不憫です。願わくばホリプロの力で、再プッシュしていただきたいと思う次第。今なら10年前と比較にならないくらい、世間が食いつく可能性を秘めていると思うんですが。できればデザインはDK-96ベースの最新アレンジでお願いします(超願望)。