携帯電話会社を変更しても、電話番号をそのまま利用することができる「ナンバーポータビリティ(MNP)」サービスが、2006年10月24日に開始されてからちょうど1年たちましたが、産経新聞社の報道によると、携帯電話会社を変えても、メールアドレスを変更しなくて済むようなサービスが導入されるかもしれないそうです。

「電話番号は変えずに済むけど、メールアドレスが変わるから」という理由で携帯電話会社を変更できない人にとっては朗報ですね。

詳細は以下の通り。
携帯サービスで脱・電話会社依存 総務省が新競争促進策 - MSN産経ニュース

この記事によると総務省は23日、携帯電話向けのメールアドレス提供サービスなどに、携帯電話会社以外の事業者が参入できるようにする新たな競争促進政策を発表したそうです。

これは現在携帯電話のメールは携帯電話会社が独占的にサービスを提供しているためで、利用する会社を変えるとアドレスも変わってしまうことから、総務省は携帯電話会社を変えてもアドレスを変えなくて済むように、回線や端末が変わっても継続利用できるメールサービスと、携帯電話会社のサーバーを介さずにサービス提供者から端末へメールを直接送信する仕組みの導入を検討するとのこと。

また、個人認証や課金システムも、携帯電話会社を乗り換えるとコンテンツ配信などのサービスを継続して受けられなくなることが多いことから、信販会社などの第三者の進出を促すとしています。

このサービスが導入された場合、携帯電話会社がナンバーポータビリティで別の会社に変えたユーザー向けに、元のメールアドレスを利用できるコースを提供するというのも良いのではないでしょうか。

・関連記事
ソフトバンク、「プレミアム」な2007年冬モデルの携帯電話を発表 - GIGAZINE

KDDI、ライフスタイルをサポートするauケータイ2007年冬モデル8機種発表 - GIGAZINE

ドコモの新料金プランは基本使用料1000円引き? - GIGAZINE

三洋電機、京セラに携帯電話事業譲渡で基本合意 - GIGAZINE

NTTドコモ、12月発売の905iシリーズに緊急地震速報機能を搭載 - GIGAZINE 記事全文へ