◆第5試合ウェルター級/5分3R ジベウト・クロコタ vs ルーク・クモ

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラに見いだされ、実力を開花。UFCデビューを4月に果たしたクロコタは、ライト級からウェルター級に転向してきたルーク・クモと対戦。

有効な攻撃を見える代わりに「来い来い」とおどけてみたり、ノーガード、さらにニッコリ微笑むなどクモを挑発し続けたクロコタだったが、挑発した直後にクモの右ストレートをモロに受け、この一発でKO負け。UFC2連敗となった。

UFCファイトナイト11 全試合結果へ