セリエA第3節。インテルはホームにカターニアを迎え、今季初登場のアドリアーノとクレスポの2トップでスタートすると、14分にその2人が絡んでクレスポが先制ゴールを決めた。その後カターニアの善戦の前になかなか追加点を奪えなかったが、途中出場のイブラヒモヴィッチのアシストから79分にセーザルが加点し、試合を決めた。
インテルは2勝1分けで2位浮上。ミッドウィークのCL対フェネルバフチェ戦へはずみのつく勝利だった。また、カターニアの森本貴幸は71分に途中出場したが、決定的な仕事はできなかった。

 開幕連勝スタートを切ったユヴェントスはホームでウディネーゼと対戦。押し気味に進めながらも、後半立ち上がりにディ・ナターレに決められた1点を返せずに0−1で敗戦した。ユーヴェは勝ち点6で3位タイ。今季初勝利のウディネーゼは8位タイへ浮上した。