以前は、女性のみがおちいると思われていたマリッジブルー。最近では、男性もマリッジブルーになる人が増えているといいます(以下、メンズブルー)。実際、今年の年末に結婚するS氏も、メンズブルーにかかっているとのこと。そこで、なぜメンズブルーが彼を襲っているのか聞いてみました。

■S氏が語るメンズブルーの謎
「女性と比べて男性は、結婚というもの自体に理想を抱いていない。女性は、幼いころから結婚に憧れる傾向にある。式場はどこがいいとか、引き出物はあれがいいとか、結婚式をあげるために結婚しているようにも見受けられる。事実、私の婚約者もそのように思えて仕方ない。結婚式の主役は花嫁。花婿は添え物程度である。つまり寿司のガリ、牛丼の紅しょうがである」

「女性はほとんど自分でいろんな段取りをしたいのだが、男性が何もせずにいると「この人は私との結婚をちゃんと考えてくれているのだろうか。なんで私ばっかりに押し付けているのだろう……」と思ってしまう。そして徐々に不満を男性にぶつけてくる。最初から結婚式なんて興味のない男性と、結婚式に重点を置きたがる女性がぶつかるのは当然といえば当然のこと。でも、気がついたらお互いをののしり合ったり、無意味なケンカの毎日」

「結婚式の段取りすらお互いに決められないのなら、この先何年もやっていけるのだろうか……と不安になってしまい、今では式場のキャンセルも視野に入れている」

自分自身である一定レベルまでは冷静に判断できていても、なぜかおちいってしまうのが男性特有のメンズブルーということでしょうか。livedoor トレビアンニュース編集部としては、S氏の結婚式での幸せな笑顔を望むばかりである。
[詳細記事]

■オススメ! 最新人気トレビアンニュース
日経新聞が『2ちゃんねる』に削除依頼! 書き込んだ人ガクブル状態!?
インドの鉄道ラッシュはやっぱり凄かった!!
ソフトバンクCMの上戸彩はドコモケータイを愛用!? 芸能人のケータイがモロバレ!!

■関連リンク
国際結婚の疑問に付いて100連発