ミステリオが帰ってきた。彼は、膝の怪我および手術によって10か月近くもの長期間にわたって欠場を強いられていたが、20回目を迎えたサマースラムへ飛び込むように復帰、宿敵への報復と鮮やかなカムバックを果たした。

サマースラムの会場となったコンチネンタルエアラインズ・アリーナでの対決が行われるまで、チャボ・ゲレロはSmackDownで再三にわたってレイ・ミステリオへの中傷、嘲笑行為を続けてきた。チャボは、かつての親友で元世界王者のミステリオに対する憎しみを今も抱いているようで、昨年10月の“アイ・クイット”マッチで与えた致命的ダメージを今夜のサマースラムでもう1度与えようと狙っていた。

一方のミステリオにとって今夜の復帰戦はハンディキャップ・マッチ同然だったと言えた。マイケル・コールとJBLも力説していたが、引退の危機にさらされた負傷が癒えたばかりで、強敵でレイへの憎悪を抱くチャボが相手だったからだ。

レイにとって助けになったのは、アリーナを埋め尽くしたWWEファンによる熱心な応援だったに違いない。全身をシルバーにペイントして入場を果たしたミステリオには、ひときわ大きな歓声が沸いた。試合中でも、レイが難易度の高い動きを見せるたびに場内から彼の名を呼ぶ声援が起こり、チャボがレイの(手術を経た)膝を攻めるたびに大きなブーイングが起こった
続きはコチラ

現地放送時間 2007/8/26

WWE日本語オフィシャルサイトより
WWE日本語モバイルサイト・オープン!