ウマガは、トリプルスレット・マッチでのタイトル防衛戦でカリートとMr.ケネディという2強に“押し潰されそうに”なりながらも、インターコンチネンタル王座を死守することに成功した。

この試合は、ケネディとカリートにとって体格の差という意味では最初から不利だということが分かっていた。実際に、2人は何度もウマガの豪腕に捕まっては投げ落とされた。そこで、2人は共闘してIC王座を倒そうと考えたのだった。

カリートは、試合の中でMr.ケネディによってかく乱されたウマガにキックを浴びせ、IC王者をリングから落とすことに成功したが、ウマガの圧倒的パワーの前に攻めあぐね、やはり共闘するしかなかった。

しかし、彼らの共闘は長続きしなかった。Mr.ケネディは、ウマガがリングから追放されていた隙を突いて、カリートを押さえ込んで3カウント奪取を狙った。ところが、ウマガはIC王座防衛への執念を捨てなかった。彼はリングに戻ると強烈なサモアン・スパイクでケネディの喉を突き、ピンフォール勝ちを収めた
続きはコチラ

現地放送時間 2007/8/26

WWE日本語オフィシャルサイトより
WWE日本語モバイルサイト・オープン!