ガンダム講談の魂のステージ、手作りドダイ。本体と同色の机が置いてあり、この上で講談が演じられる。

写真拡大 (全3枚)

「地球のみなさんこんにちは、我々はジオン公国です」という前説で始まったのが、一部で噂の"がんだむ講談会"。関西発信のガンダム演芸が、ついに東京に進出ということで千秋楽に行って参りました。実際に観てみると、演目は講談だけでなく、歌あり寸劇ありというバラエティに富んだ内容で想像以上に楽しかったです。今回はこのガンダム演芸をご紹介してみます。

ガンダムネタ満載のこの舞台は、許諾関係を創通(版権管理会社)に打診中とのこと。現状では公式のお墨付きはもらっていないようです。まさに「黙認」で行われているという状態。いい意味でヤケクソというか、開き直りで演じられているところが、アングラっぽくてたまりません。

一応メイン演目である「講談」は、普段講談を聞き慣れていない者にとっては、独特の言い回しが聞き取りづらく感じる部分もありました。ただ、ネタがガンダムだけに早口でも聞き取れる単語やセリフも多く、おおむね理解は可能でした。エロネタもあるのでお子様には不向きですが、大人のガンダムファンになら、かなりオススメできる内容だったと思います。

講談師の「旭堂 南半球」氏は、特注のジオン紋の入った着物を身に付け、ガンダム世界を自身の弁舌で表現。お笑い要素が多く、肩肘張らずに楽しめるところが好印象でした。以下に当日の演目内容のレビューを書いてみます。

■ニュータイプ芸!"がんだむ講談会"

<本日の作戦>※入場時にもらったペーパーによると演目=作戦らしい。

(1)『ガルマ=ザビ国葬』(演説:総帥演説保存会)
かの有名なギレン総帥の演説を再現(ギレン役は南半球氏)。最後の「ジークジオン! ジークジオン!」部分は、他出演者が観客席側から発声していた模様(暗くて目視はできず)。なんというバーチャル国葬。終始シリアスで通したところがすごい。想像以上の本気度にちょっとたじろいでしまいました。

会場入り口に貼ってあったチラシ。ジオン女子がドムのお面を額に装着している写真が素敵なんです。

(2)『恋のビームライフル』(歌:ニイラ=マス)
「軟弱者! あなたみたいな人、サイド7にひとりで残っていればいいんです!」という、セイラさんがカイに平手打ちを喰らわせて言い放ったセリフから始まるロック歌謡の熱唱が突如展開。地下アイドルっぽい長髪黒髪の女性が「チュッチュ〜ル、チュッチュッチュル〜♪」と口ずさみながらノリノリ。歌や踊りが妙に上手いところがなんとも……。観客はどう反応してよいのか分からず、唖然呆然。かろうじて最後に拍手はできたようです。

〜ドダイ組み立て〜 
※人が乗れるミニチュアドダイを舞台上で組み立て。整備兵コスプレで粛々と作業進行。

(3)『講談一年戦争記〜アナベル・ガトーの奮戦』(講談:旭堂 南半球)
ようやく講談が始まったと思いきや、いきなり0083(OVA)ネタ。ステージ高めです。これは若井おさむにはできない芸当でしょう(彼は所詮、一般向けの吉本芸人)。宇宙要塞ア・バオア・クーでの最終決戦をジオン視点で熱弁。「どぎゅーん、どぅるるるる、だだだだだ!」という戦争ゴッコ的な擬音と共に、モビルスーツも大活躍。このネタは完成するまで5年かかったんだとか……。

(4)『Last Fly』(歌:ディアナ=hime)
迷彩模様のドレスを着た女性の歌謡ショー。台湾アイドルが歌うようなPOPな曲だった気が(うろ覚え)。歌詞のガンダム度は控えめだったような(超うろ覚え)。

(5)『萌えよ!大喜利士官学校』(ガンダム大喜利)
司会は、黒いビキニパンツと生足をチラつかせる変態コスプレ男、シロッコ(※Zガンダムのキャラ・女好き)。大喜利の内容は士官学校の女学生達が、お題に合わせてスケッチブックに回答やイラストを描くというもの。投げやりな司会進行と、グダグダな答えっぷりが妙に面白かったり。お題は「ハイザックを描け!」とか無茶ぶり全開。

(6)『ゲスト来襲』(徳島雅彦監督登場)
『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY(SS)』『機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…(DC)』『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙(PS2)』『MS戦線0079(Wii)』等を手掛けたゲーム監督の徳島雅彦氏が緊急参戦! やりたい放題のこの舞台に、オフィシャル側の人間が立つということに対して、司会の南半球氏は大感激。徳島監督は大汗。南半球氏のガンダムゲームへの情熱がほとばしるトークショーとなってました。

〜小休止〜