試合後、肩を落とす選手達<br>【photo by Kiminori SAWADA】

写真拡大

「自分たちのサッカーがやれば勝てる」そういう手ごたえを持ち、挑んだ準決勝だったが、相手のサウジアラビアは徹底して、日本サッカーを封じた。

「研究されているというのは感じたね。サイドの選手までもが、日本の中盤選手に対して守ってきてた」と中村俊輔。中盤でのパス廻しが上手くいかない。「手詰まりになったら、サイドに開いてというのが日本のスタイルだけど、それもばれていた」と遠藤。徹底したサイドからの仕掛けで相手を揺さぶってきた日本だったが、それを意識した相手にとっては、クロスボールも脅威ではなかった。

「確かに僕のところへの守備もハードだったけれど、今日は自分たちのミスが多かった。運動量も少ないし、ミスをしてボールを取られて、カウンターで攻められた」と高原は、日本が自滅していたと語った。それは遠藤同様だった。

 この日は相手の2トップの破壊力を注意するために、日本のDFラインは過去の試合に比べ、深かった。そのせいで前線と最終ラインとの距離が間延びし、コンパクトな陣形が保てなかった。よって、味方と味方の距離が開いた。「確かに2点目などは人数がいても相手に交わされてしまったけれど、DFラインと(鈴木)啓太との関係で、相手を抑えられたのも事実」と中村俊。

 しかし、「選手間の距離があったので、いつもなら幾つか生まれるパスコースも今日はひとつぐらしかないということも多かった」と高原が語る。前線でポストプレーをしても味方が遠く、セカンドボールを拾われては、カウンター攻撃にさらされた。

 “自分たちのサッカーうまくいかない”と感じても、現状を修正するだけで精一杯の日本は、すべてが後手に回ってしまう。そういう状況で連鎖的にミスが生まれる。ネガティブな疲労感が選手を襲う。しかも、同点に追いついては、失点というゲーム展開。肉体的にも精神的にもダメージは大きい。

「相手は、引いて守って、拾ってカウンターというのを、本当に辛抱強くやり続けたね」と中村(俊)。日本は相手の罠にはまった形となってしまったのだ。少ない運動量で、効果的に得点をあげたのがサウジアラビアだった。「負けるべくして負けた試合」と鈴木。

 自分たちのサッカーが封じられてまったとき、大事なのは何か?「もう少しのところでの個人の力、アイディアが必要だった」と中村俊。たとえば、後半残りわずかな時間帯になっても、日本のDF陣は、相手の2トップに対して3人で守り続けていた。2−3の状況で負ければあとはない。3失点も4失点も同じ。しかし、あと1点取れば、勝利の可能性が見えるという状況だったことを考えれば、2人で守ってもよかったのではないか?ただでさえ、相手は引いてまもっていたのだから。そういった柔軟性も欲しかった。

「今のチームはどうしても監督やベンチの顔色を見過ぎているところがある。監督に教わったことだけしかできていない」大会中ある選手が言っていた。考えるサッカーを標榜したオシム監督。選手たちは、指揮官の言葉を心酔しきってしまったからなのか、監督の考えるサッカーを具現化することばかりに集中してしまったのかもしれない。

 自分たちで打開する力がなければ、ここから先へは進めない。「アジアで止められていれば、外(欧州や南米)でも止められる。ワールドカップのアジア予選では日本は当然マークされるのだから……。チームのサッカーだけでなく、選手個人個人が、自分のスタイルを出す強さ、殻を破ることが必要だと思う。当然、チームのサッカーは大事。1年でこれだけ進化したことは素晴らしいし、このサッカーは間違っていない。そういう組織力プラス、個人の力があれば、もっとレベルアップできる」と試合を振り返る遠藤。苛立ちに似た感情を含んだ強い口調には、自分たちに可能性があると信じるからこその怒りがあった。

「とにかく、もう1試合あるので、ここで集中切らさないで、次の試合で自分たちのやろうとしているものを出すことが、自分たちの力になると思う。ここで集中きらしてしまって、次の試合もダメだったじゃいけない。次の試合にむけて、チームがひとつになってやっていくことが大事だと思います」と高原。

 オシム監督はよく、「負けても学ぶことはある」という話をするが、この敗戦が何をもたらしてくれるのか、そして、この敗戦を良薬に変えるためにも、大切なのは、次の試合、対韓国戦になるだろう。

―― text by Noriko TERANO from Vietnam ――

サムライ通信
中村と高原に見る"組織"と"個"のバランス
長丁場の戦い。コンディションとの付き合い方
オーストラリアに勝利。W杯のリベンジではない。
W杯の惨敗から1年。オシムの"自信"
オーストラリア戦におけるディフェンスの意識
試合に出れない控え組の"存在"

もっと見る