イベント後は西口プロレスのメンバーと一緒にリング上で記念撮影

写真拡大 (全16枚)

7月24日、25日、26日と三日間に渡って、代々木公園野外ステージ&イベントスペース(東京・渋谷)にて『サマフェス!!07 〜ARTIST VILLAGE FESTIVAL〜』が開催。25日(水)は同会場のFIGHTING VILLAGEにおいて、El Doradoが参戦した。

第1試合はCHANGO(猛獣惑星)vs 豪(HELL DEMONS)の一戦。序盤はじっくりとしたレスリングを展開する両者。体格で勝る豪が徐々にCHANGOを追い込んでいく。劣勢なCHANGOは流れを変えるべく、場外に決死のトペを敢行。しかし、距離を見誤ったのかアスファルトに頭部を強打。焦点が定まらず、なかなかリングに戻れないCHANGOに業を煮やした豪が無理矢理CHANGOをリングに戻すと「こいつ、大丈夫か〜?」と厳しい攻撃を連発。耐え抜いたCHANGOはコーナー最上段からの攻撃を試みるも、ダメージの蓄積が多く踏み外してしまい落下。ロープを利用してのギロチンで反撃の糸口を掴んだかに見えたCHANGOだったが、最後は豪の新技BLACK STONE(ブラック・ストゥーン)に沈んだ。

第2試合はヘラクレスオオ千賀(猛獣惑星)vs Ken45°(HELL DEMONS)。タオルを振り回し入場するオオ千賀に観客もタオルを振り回して応える。一方のKenはふてぶてしい表情でイスを持ちリングに。凶器持参のKenに対して観客からはブーイングが上がった。試合開始の瞬間、Kenはオオ千賀に強烈な張り手を見舞うと、そのまま場外でイスを使った攻撃。それだけでは飽き足らなかったのか、飲食スペースに千賀を連れ込み千賀に攻撃を浴びせる。リングに戻ったオオ千賀はドロップキック、エルボードロップと反撃を試みるがセコンドの豪の介入もありペースをなかなか掴めず。なんとか放ったヘラクレスシュートも返され万事休す。最後はKenの張り手→イス攻撃→BARONESSの前に散った。

メインは清水基嗣 & ミラニートコレクションa.t.(SUKIYAKI)vs バラモンシュウ & バラモンケイ(HELL DEMONS)の一戦。バラモンは入場時に口から水を吐き観客を煽る。試合序盤こそしっかりした展開だったが、バラモンの水を使った毒霧を皮切りに戦場は場外へ。会場に設置されていた照明台を見つけたバラモンシュウは、清水と一緒に登り始める。息を吹き返した清水が照明台の上で応戦し、バラモンシュウを落とす事に成功。これに怒ったバラモンシュウは飲食店の看板で清水を殴打。一方、ミラニートはバラモンケイに捕まりボウリングのようにゴミ箱に投げ込まれてしまう。試合を終えたKenも駆けつけミラニートにゴミを投げつける。抜け出したミラニートは反撃に成功。屋台の鉄板でバラモンケイに反撃すると、なんとかリングに帰還した。試合はコンビネーションで上回るバラモン兄弟がペースを握る。清水が反撃するもラフ攻撃の前にペースを掴めず。最後はバラモンシュウの蹴りの乱打からのゾンビキングで敗れた。

HELL DEMONSが全試合に勝利し8月9日に行われる後楽園大会に盤石の構えを示した。

試合結果は以下

■第1試合
○豪(HELL DEMONS)
(11分50秒 BLACK STONE)
×CHANGO

■第2試合
○Ken45°(HELL DEMONS)
(10分2秒 BARONESS)
×ヘラクレスオオ千賀

■第3試合
○バラモンシュウ & バラモンケイ
(20分17秒 ゾンビキング)
×清水基嗣 & ミラニートコレクションa.t.