フジで木曜10時にやっている「山おんな壁おんな」。タイトルが面白そうだったから見てみたんだけれど、なんのことはない。「山おんな」はおっぱいが山のように大きな女のことで、「壁おんな」はペチャパイの女のこと。ただ、それだけだった。

   マンガが原作のドラマで、いわゆるライトコメディを狙っているんだと思うが、どうももう一つだったな。

   特に、主役の「壁おんな」を演じている伊東美咲がいまいちだ。彼女は綺麗な女優さんで、ただ見ているだけならいい。でも、コメディをやるのは無理だろう。もうちょっと何かあってもいいと思うんだが、表現力がないというか、奥の深さがない。コメディにはなじまないキャラだ。むしろ「山おんな」役の深田恭子のほうがいい味を出しているね。

   このドラマは「ショムニ」と同じ職場のOLたちの話。でもショムニほどの緊迫感やマンガチックな感じはなく、中途半端な印象が強かった。なるべくマンガちっくにという演出でやっているんだろうが、まだ弾け方がいまひとつだ。

   残念ながら、タイトルだけが面白いドラマだった。

      山と壁 男はそれを 乗り越える

横澤 彪