一時はナポリやトリノへの移籍が噂されていたアタランタのビエリだが、フィオレンティーナへの移籍が正式に決定した。1年契約で年俸は約2億5千万円。トーニをバイエルンへ移籍させたフィオレンティーナは、来るべきシーズン開幕に向け、多くの有望な若手選手を獲得したが、ベテランのビエリだってまだまだ負けていられない。ここ数年はかつての輝きを失い、現役生活への情熱さえ失ったと言われていたが、心機一転、フィオレンティーナで再起を賭ける。フィオレンティーナのフロントもリスクを承知で、一発で試合を引っ繰り返す能力を持つビエリに期待している。再び表舞台へ。ビエリの新たな挑戦が始まる。