デュース&ドミノは、ヴェンジェンスで楽勝できると思っていたはずだ。彼らはWWEタッグ王座を懸けたオープンチャレンジを呼びかけたが、彼らに挑もうとする相手は現れなかった。彼らは元王者組のトニー・ガレアとリック・マーテルが会場にいるのに気づいたのか、尊敬すべきレジェンドを中傷しはじめた。この時、彼らが言葉を失ってしまうような展開が起きることなど、誰も予想しなかった。

オールドファンならば懐かしいと思う、軍隊の鼓笛隊のリズムが会場に鳴り響いた。あのサージェント・スローターが現れたのだ。そして、彼の曲の後に始まったテーマ曲が大音響で鳴り始めた。WWE殿堂ジミー“スーパーフライ”スヌーカだ!場内は一気に総立ち状態と化した。


続きはコチラ

※WWE PPV ヴェンジェンス 07より

WWE日本語オフィシャルサイトより
WWE日本語モバイルサイト・オープン!