サンティーノ・マレラは、4月のミラノ大会でラシュリーのアシストを受けてインターコンチネンタル王座を獲得したが、今夜は経験不足を持ち前の度胸と闘志でカバー、元王者のウマガの猛追を退けてIC王座を守り抜いた。とはいえ、ウマガの凄まじいまでの猛攻に押されながら、最後はレフェリーの5カウント判定による反則勝ちという結果に終わったのだった。

マレラは、IC王者の意地を見せるかのようにウマガに対し果敢に闘いを挑んでいった。しかし、ウマガの強烈なサモアンドロップなど、猛攻によってその闘志を削がれ始めてしまう。


続きはコチラ

※WWE PPV ヴェンジェンス 07より

WWE日本語オフィシャルサイトより
WWE日本語モバイルサイト・オープン!