ブラジルのワンダーボーイ、アレシャンドレ・パト(17歳)獲得をめぐり、チェルシーとミランがデッドヒートを繰り広げている。
 6月30日からカナダで開催されるUー20ワールドカップの主役となりそうなパトだが、代理人は「移籍の可能性はあるが、まだ正式なオファーは届いていない。だが、インテルナシオナルはミランのスカウトの出入りを認めたし、チェルシーもスタッフを送りこんでいる。もしチェルシーが1800万ポンド(約43億2000万円)のオファーを提示すればパトの保有権を持つインテルナシオナルも売却を考えるだろう」と話すと同時に、「インテルナシオナルのファンには安心してほしい。パトの契約は2009年まで残っているし、18歳未満なので2008年1月まで移籍はないだろうから」と話している。