Mr.マクマホンが業界に残した遺産について、今後批評家達による議論が始まるだろう。勝つためには手段を選ばない、鋭い洞察力を持ったスポーツ・エンターテインメント界の大物だったと考える者もいれば、競争相手を容赦なく叩き潰してしまう冷徹な男と言う者もいるだろう。だが、彼が完全無欠のショーマンだったことに異論を唱える者はいないだろうし、死んでしまったと思われる今でもなお、会長の意志は引き継がれていくのだ。

その意志を受けるべく、ECW on Sci Fiは火曜日の夜に放送が決行され、番組はECW世界王者だったMr.マクマホンへの追悼から始まった。しかし、ECWファンはこれまでMr.マクマホンに侮辱され続けてきた嫌悪感があったのだろう。追悼の10カウントゴングが打ち鳴らされるたびにブーイングを飛ばしていた。


続きはコチラ

現地放送時間 2007/6/12

WWE日本語オフィシャルサイトより
WWE日本語モバイルサイト・オープン!