IFLシカゴ大会で、スーパーファイトに出場するマルコ・フアスが率いるサザンカリフォルニア・コンドルス

写真拡大 (全4枚)

UFCの躍進、bodogやPro-Eliteの参入により、大いに盛り上がる北米のMMA(ミックスト・マーシャルアーツ=総合格闘技)シーン。

今週末にも注目の2大会が19日(土・現地時間)に、米国・中西部で行なわれる。
IFL(インターナショナル・ファイト・リーグ)と、GFC(グレイシー・ファイティング・チャンピオンシップス)だ。

個人戦のMMAに、アメリカン・メジャー・スポーツのようなチーム・リーグ戦を持ち込んだIFLは、イリノイ州シカゴのシアーズ・センターで、立ち技重視の北米MMA界にあって数多くの柔術世界王者をラインナップに加え、昇華させたグラウンドファイトを披露するGFCはオハイオ州コロンバスのバリューシティ・アリーナで大会を開催する。