センバツ高校野球3日目は、順延となった2日目第三試合の中京(岐阜) - 千葉経大付(千葉)が第一試合に組み込まれた。ほか好投手、近田を擁する報徳学園(兵庫) - 室戸(高知)、宇部商(山口) - 日大藤沢(神奈川)、帝京(東京) - 小城(佐賀)の4試合が行われた。

 雨天順延となった第一試合の中京(岐阜) - 千葉経大付(千葉)。逆転に次ぐ逆転のシーソーゲームとなった一戦は、終盤の8回裏、4番大島の二塁打で1点を勝ち越した千葉経大付が9回を無失点に抑え、1点差で逃げ切った。千葉経大付の4番大島は大会第1号となるソロ本塁打を含む4打数4安打3打点の活躍をみせた。

 第2試合は、好投手近田を擁する報徳学園に対し室戸の投手、森澤もまったく引けをとらず、両チームとも堅守をみせ、緊迫した投手戦に。均衡を破ったのは室戸だった。7回表、それまで近田に抑えられていた左打者が好機に連続タイムリーと打線がつながり2点を先制。その直後の7回裏に報徳学園も1点を返すものの、室戸の投手、森澤を最後まで捉え切れず。2−1で初出場の室戸が優勝候補の報徳学園を降した。

 第3試合は劇的な幕切れとなった。宇部商の高橋、日大藤沢の古谷と両投手の好投で接戦となった試合は最終回の9回裏、初球を振り抜いた先頭の7番林の打球は左翼ポールに直撃するサヨナラ本塁打。両投手の好投でシーソーゲームの接戦となった試合に終止符を打った。日大藤沢の投手古谷は、チーム全打点となる3打点を叩き出すなど、投打に奮闘したが、1球に泣いた。

 第4試合は帝京が初回、機動力で小城の先発井出のリズムを奪い、打者12人を送り込む猛攻で6点を奪う。その後も2ケタ10個の盗塁を記録した自慢の機動力に強打を絡め追加点を奪った。投げても先発の大田が、大会記録の1試合21奪三振に迫る、7者連続を含む毎回の20三振を奪う快投を演じた。小城は序盤に帝京の足技でリズムを崩された井出の乱調が悔やまれた。

本日の試合
[第1試合]中京(岐阜)4 - 5 千葉経大付(千葉) - 試合詳細
[第2試合]報徳学園(兵庫)1 - 2 室戸(高知) - 試合詳細
[第3試合]日大藤沢(神奈川) 3 - 4 宇部商(山口) - 結果詳細
[第4試合]帝京(東京) 9 - 1 小城(佐賀) - 試合詳細

第79回選抜高校野球大会 - 特集ページへ