【女の転職】20代で年収400万以上が狙える「ちょっと良い仕事」

写真拡大

女性採用ニーズが高い業界の「ちょっと良い仕事」

業績好調の追い風を受け、女性採用のニーズが高まっている。「人材ビジネス」「金融」「不動産」「インターネット」の4業界。縁遠い世界と思いがちだか、知らないだけで転進可能な面白い仕事は意外にあるのだ。

■人材ビジネス業界
サービスの幅が広がり活躍の場が増大!

景気回復によって企業の採用意識が高まる一方で「1社定年制」という考え方も薄れ、転職人口は増加、同時に、個々のライフスタイルに合わせた働き方を求める声が増え、正社員だけでなく派遣、アルバイト、SOHOなど、人材ビジネス業界では求められるサービスラインアップが多様している。これが人材サービス業界の業績好調の理由だ。

「これまでの「派遣」「紹介」「業務勝負」に加えて、「採用代行」や「人材教育」など、業界が手がける分野は拡大しています。もともと、企業に対しても転職者に対して細やかな対応ができるという理由から、女性を積極活用してきた業界。今後、活躍できるカテゴリーはますます増えるはず。未経験者が転身しやすく、一生の仕事に出来るのもポイントです」

人材ビジネス業界をもっと知りたい!


■金融業界
規制緩和の影響で近年まれに見るキャリア採用を実施中!

大きな変革が進むなかで、最近とくに好調な金融業界。「銀行」「保険」「証券」「その他金融」の4つの業態に大きく分けられる。

「なかでも、これまで預金、貸付、決済、信託などがビジネスの中核を占めてきた銀行・信託銀行は、金融ビッグバンの進展によって「不動産金融」などの新商品をはじめとする証券業務に本格進出。いずれも2005年度の利益率は過去最高と言われています。また、生命保険・損害保険分野では、外資系の躍進、生損保の業務相互乗り入れ、保険商品販売の銀行や証券会社などへの外部委託によって、その業務内容も様変わりしているようです。」

さらに、これまで証券会社が一手に担ってきた、株式や社積の引き受け、M&Aや資本提携の斡旋および仲介、企業財務戦略のアドバイスを行う「投資銀行業務」は、専門家・高度化ニーズが拡大。その一方で、株式の投資関連の競争も激化しているという。

金融業界をもっと知りたい!


■不動産業界
生活者の視点を備えた女性へのニーズが拡大!

企業各社が不動産投資に積極的であることに加えて、住宅ローン減税の延長を受けて住宅取得ニーズが上昇中。同時に、ユーザー側に、ユーザー側の「他人とは違う物を手にしたい」という強いこだわりゃ、不動産に対する知識などが高まってきたことから、リフォーム市場も急速に拡大している。

「たとえ賃貸であっても、ただ建てただけでは顧客に受け入れられない時代になってきています。たとえば、『駅から遠い物件にバスの送迎サービス』。『重たくてかさばるミネラルウォーターの宅配サービス』、『マンションの入り口にペットの洗い場を設置』など、生活者の視点に立ったオプション、つまり物件の的確な『売り』を考えられる女性が求められているわけです。モデルルームなどの空間プロデュースを担当するインテリアコーディネーターはもちろん、最近ではセールスプロモーションや商品企画といった職種にも、女性ならではの視点と発想力を取り入れて、他社商品との差別化を図ろうとしている企業が急速に増加。チャンスは確実に広がっています」

不動産業界をもっと知りたい!


■インターネット業界
斬新な発想力やユーザー視点の提案がポイントに

インターネット業界は、ここ数年で本格的な普及期に突入。事業拡大のスピードに対して、どの企業も人材供給が追いついていない状態のため、いまもっとも採用意欲が高い業界の一つといえる。しかも、一部の技術職を除き、未経験者の受け入れに積極的という、転職者にとってはまさに狙い目の業界だ。

「一口にインターネット業界といっても、その業態はネット広告、電子商取引、コンテンツビジネス、ブロードバンド、配信サービスなど、多種多様。いずれの分野でも、ユーザーの立場に立った企画提案ができる女性を積極的に採用したいと考えています。たとえば、Webコンテンツを企画する場合でも、インターネットの世界は常に新規性を問われる分野ですから、柔軟な発想力や流行に敏感な感性が不可欠。」こうした点から、女性の持ち味が活かせると判断する企業が多いようです

インターネット業界をもっと知りたい!


この記事の続きは[livedoor キャリア]で)■関連リンク
livedoor キャリア
女を上げるリアクション講座(3)
女を上げるリアクション講座(2)
女を上げるリアクション講座(1)
【女の転職】20代営業女子の仕事の本音
【女の転職】憧れのウェディングプランナーも営業!?
【女の転職】女ヂカラが活かせる狙い目業界徹底研究-金融業界-