ダイキン団塊世代と団塊ジュニア層に対して行った「夫婦の空気」の調査結果を2007年2月8日に発表した。団塊世代が夫婦で過ごす時間が長くなると、女性の方は「体感温度が下がる」と感じていた。調査では、熟年夫婦(54〜62歳/結婚歴20年以上)と「新米夫婦」(26〜33歳/結婚歴3年未満)から世代性別ごと50人、計400人を集め、インターネット上で調査した。
それによると、熟年夫婦は夫婦だけで過ごす時間が「増えている」(59%)のに、共有する時間が増えることに対して「憂鬱」と答えた男性は22%、女性は55%と大きく差がついた。
さらに夫婦で一緒にいるときの体感温度を熟年夫婦に聞く、「下がることが多い」のが男性24%に対し、女性は40%。さらに「体感温度が下がる理由」に熟年夫婦の女性の39%が「自分の自由な時間が減る」をトップに挙げた。
同社では07年から始まる団塊世代大量定年退職にともない、夫婦のライフスタイルも大きく「変わる」としている。