190日ぶり。左眼窩底骨折で欠場していた佐々木健介が待望の復活を遂げた!

写真拡大 (全2枚)

左眼窩底骨折のため、長期欠場を強いられていた佐々木健介が見事な復活を遂げた。

1月2日(火)後楽園ホールで開催された全日本プロレス『2007 新春シャイニング・シリーズ』のリングへ190日ぶりに帰ってきた佐々木健介。試合は愛弟子・中嶋勝彦とタッグを結成し、TARU&“brother”YASSHIに快勝するや、勢いそのままにメインイベントのヘビー級バトルロイヤルでも優勝した。

大健介コールの中、北斗晶が先導し健介ファミリーが勢揃いした第6試合。TARUがマイクを持ち「昨日テレビ見たら出とったやないか。正月早々くだらん番組や」と挑発し、健介が呼応するかたちで試合はスタート。中盤、VMのラフプレーに中嶋が苦戦を強いられるも、最後は北斗が木刀で加勢し、健介が豪腕ラリアットでTARU、YASSHIをなぎ倒し勝負を決めた。試合後には3人で勝ち名乗り。健介は「今まで休んだ分、2007年は思い切り走りますんでよろしくお願いします」とファンに宣言した。

また、1月4日(木)東京ドーム大会『レッスルキングダムin東京ドーム』で行われるIWGPヘビー級選手権試合、棚橋弘至vs太陽ケアの公開調印式がユークスの谷口行規社長立ちあいのもと実施された。その棚橋とケアは、第5試合で武藤敬司、太陽ケア、TAKAみちのくvs棚橋弘至、飯塚高史、裕次郎の6人タッグで前哨戦。試合は、棚橋がケアを無視して再三武藤を挑発したため、ケアがヒートアップ。武藤が裕次郎を足四の字固めで仕留めた後も、ハワイアンスマッシャーで棚橋にダメージを負わせた。運命の決戦まで、後2日。両者の因縁は更に深まった。

新日&全日『レッスルキングダムin東京ドーム』全対戦カードへ
健介オフィス オフィシャルサイト in livedoor

全日本プロレス『2007 新春シャイニング・シリーズ』
第7試合/ヘビー級バトルロイヤル
○佐々木健介8分29秒
体固め
※ラリアット
荒谷望誉×
※退場順=ブキャナン、TARU、武藤敬司、小島聡、鈴木みのる、菊タロー、RO'Z、太陽ケア、平井伸和、雷陣明、ディーロ・ブラウン、諏訪魔
第6試合/タッグマッチ
○佐々木健介
中嶋勝彦
14分44秒
体固め
※ラリアット
TARU
“brother”YASSHI×
第5試合/6人タッグマッチ
○武藤敬司
太陽ケア
TAKAみちのく
20分54秒
足四の字固め
棚橋弘至
飯塚高史
裕次郎×
第4試合/タッグマッチ
鈴木みのる
×MAZADA
14分37秒
片エビ固め
※キングコングラリアット
諏訪魔
近藤修司○
第3試合/6人タッグマッチ
小島聡
カズ・ハヤシ
×雷陣明
18分29秒
体固め
※サモアンドライバー
RO'Z○
ディーロ・ブラウン
ブキャナン
第2試合/AHIIワールド
○AHII2分54秒
エビ固め
※スワンダイブ式高速ウラカンラナ
マスタードン×
第1試合/6人タッグマッチ
渕正信
平井伸和
土方隆司○
10分18秒
片エビ固め
※ランニングジャンピングハイキック
荒谷望誉
NOSAWA論外
菊タロー×