企業が第二新卒を採用したがるのはなぜ?

写真拡大

第二新卒限定!仕事ニュース&転職ガイド[第二弾]

求人数、求人企業数ともに数字の推移が徐々に高まっている状態。転職市場においても「第二新卒」の占める割合は大きくなってきている。

今、多くの企業が「第二新卒」に熱い眼差しを注いでいる。とはいうけれど、第二新卒の社会人経験は3年以内。
仕事のプロとしての階段を上り始めたばかりだ。そんな彼等の魅力を企業がどう捉えているのかを探ってみた。


■第二新卒が人事担当に好評な理由って?

企業が第二新卒を欲しがる理由はふたつ。

ひとつは、景気が落ち込んでいた時代に新卒の採用を控えたため、20代の人員に「くびれ現象」が起こっているため。景気回復した今、そのくびれを埋めようとしているわけだ。

さらにもうひとつ、2007年の団塊の世代の大量退職や少子化による若年層人口の減少で、社内の労働力が将来的に不足してくるのと、それと連動して技術やノウハウがスムーズに継承されない課題に直面しているという事情もある。

「第二新卒」世代にとって、今は絶好の売り手市場と言えそうだ。


■第二新卒に求められる3つの能力

2004 年あたりから注目されている「第二新卒」。

2000年のITバブルのころは企業の規模が成長に追いつかず、「とにかく頭数を揃えなきゃ」といった風潮だったのに比べて、今のニーズは「優秀な人」に集中しているという。

では、第二新卒に求められる優秀さとは、何なのか?(株)リクルートエージェントの第二新卒キャリア支援マーケット担当、早川拓氏は次の3つの要素を挙げる。


第二新卒に求められる3つの能力とは・・・
この記事の続きは[livedoor キャリア]で
■関連リンク
livedoor キャリア
年収600万円の職に就く!
第二新卒の強みとは![第二新卒限定転職ガイド 第一弾]
年収格差1000万!?[33歳の年収格差実態レポート]
あの一瞬で不採用が決定![面接でのNG発言大賞]
一番ストレスがたまる仕事って!?[ストレスランキング2006]