テレビ番組を基にしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が作成されることは、全く目新しいことではない。例えば英チャンネル4のドキュメントバラエティー「Shipwrecked」は、「Islandoo」と呼ばれるSNS上でオーディション参加者をつのるなどしているし、同路線の米CBS「Big Brother」でも似たようなことをやっている。だがCBS系の英ショータイム・ネットワークスが設けるのは、レズビアンを取り上げた人気ドラマ「The L Wor」から派生した、レズビアンとその関係者向けのSNSなのだ。

  1月にサービス開始予定のSNS「OurChart.com」は、登場人物のひとりアリスが劇中で作った関係チャートにもとづいて構成されており、ユーザーがマイページにプロフィールを掲載し、自分のチャートを持つことができる。ドラマに出演しているジェニファー・ビールス、キャサリン・モーニグ、リーシャ・ハイリーが、局とともに設立者として名を連ねているが、普及するにつれ、番組との連動は弱まっていく予定だ。

  これは、一定の成果を挙げうる優秀なアイデアだ。ニッチ市場だけでなく、もっといろいろなテレビ番組が今後SNSを立ち上げ、多くのユーザーを引きつけることができるという可能性を示したからだ。 【了】

■オリジナル記事:OurChart.com- The L-Word Launching Lesbian Social Network

■ブログ:マッシャブル!(Mashable!)(2006年12月18日付)より

■筆者 ピート・キャッシュモア(Pete Cashmore)氏:ウェブ2.0を始めとしたIT業界の動きに詳しいブロガー。

  マッシャブルは、SNS(ソーシャネル・ネットワーキング・サービス)を始めとして、ウェブ2.0関連の情報が豊富に掲載されたブログで、毎日更新のテクノロジーやベンチャー企業に関する情報を紹介している。

*このブログで書かれている内容については、筆者個人の文責によるもので、法人としてのライブドアの見解や意向を示すものではなく、ライブドアにより承認されたものではありません。また、このブログの筆者はライブドアのニュース部門、ライブドア・ニュースとは無関係です。

ブログバースト(BLOGBURST)提供