XFN-ASIAによると、中国の巨大商業情報サイト阿里巴巴網(アリババ・ドットコム)と中国郵政(チャイナポスト)が、中国における電子商取引(イーコマース)のインフラ整備事業について長期の提携契約を結んだことが分かった。両社は主に小荷物配達や送金サービス事業の拡充を図るもよう。

  アリババの電子決済サービス部門アリペイと中国郵政は近く、オンライン購入品向けの配送サービス「e-Youbao」を開始。アリペイの利用者は中国郵政の口座の有無にかかわらず、国内各地にある6万6000支店からアリペイの口座に入金ができるという。また、中国郵政のデビッドサービス「グリーンカード」が、アリペイの電子決済サービスにおける新たな支払手段として採用される予定。

  アリババの馬雲CEO(最高経営責任者)は、「中国で最も信頼されている企業の1つである中国郵政が電子商取引に参入することで、ネット販売に対する顧客の信頼度が高まる」と述べた。【了】